心理カウンセリング

05. 迷っているなら

(1)カウンセリングを受けようか迷っているとき

もし、あなたがカウンセリングに可能性を感じるのなら、その直感を信じて、カウンセリングを受けてみるのがいいのではないかと思います。

あまりうまい言い方ではないかもしれませんが、 「ダメでもともと!当たればラッキー!」です。

可能性にかけてみようと思ったとき、あなたの人生は良くなり始めているのです!

万が一ダメでも、また違うことをすればいいのですから!

今までとは異なる新たな行動を始めなければ、何も変わらず、今まで通りの状態が続くだけです。

(2)カウンセラーを決められないとき

100%の保証を求めるとなかなか決断できないものです。

心理カウンセラーとの出会い

ですから、ある程度情報を集めた後は、自分の直感を信じて決断するのが良いと思います。

また、カウンセラーも結局のところ、あなたと同じ人間です。

完璧なカウンセラーを探しても見つからないでしょう。

何をもって完璧とすれば良いかなんていう基準もありません。

だから、終わりの無いカウンセラー探しはしない方がいいと思います。

カウンセリングは、人と人との触れ合いです。 カウンセラーとの相性というものも重要です。

完全な心理カウンセラー探しには終わりはない

この人なら信頼してもいいかもしれないと思えたらその自分の直感を信じてみたり、何人かのカウンセラーにカウンセリングを受けてみて、一番良かったと思えるカウンセラーのところへ戻って、カウンセリングを続けても良いと思います。

考えているだけでは、何も始まりません!

そして、あなたを「明るい明日」に導いてくれるカウンセラーは必ずいます!