ジョハリの窓の誤解と心理カウンセリング

心を楽にするために振り返る子育て

ジョハリの窓

『ジョハリの窓 』 という考え方があります。

まず、概要をWikiPediaから引用します。

自己には「公開されている自己」(open self) と「隠されている自己」(hidden self) があると共に、「自分は知らないが他人は知っている自己」(blind self) や「誰にも知られていない自己」(unknown self) もあると考えられる。

これらを障子の格子のように図解し、格子をその四角の枠に固定されていないものとして、格子のみ移動しながら考えると、誰にも知られていない自己が小さくなれば、それはフィードバックされているという事であるし、公開された自己が大きくなれば、それは自己開示が進んでいるととる事が出来るだろう。

コミュニケーション心理学や健康心理学などにて頻繁に使用される考え方である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%AA%93

心に苦しさを抱えているとき、ほとんどの場合、人間関係の悩みを抱えていますから、『ジョハリの窓』は、誰もが、一度は、触れたことのある考え方だと思います。

『ジョハリの窓』 の考え方に基づけば、人間関係を良くするためには、小さくなってしまっている『開放の窓』を大きく広げていくことが重要だと説明されます。

では、どのようにすれば、『開放の窓』を大きくすることが出来るのでしょうか?

『開放の窓』を広げる方法

実は、長所や短所などということとは関係なく、「自分の知らないけれども他人が知っている自分」を、ただ知るだけで良いのです。

また、隠す必要のないことは、隠さなければ良いのです。

また、「自分は知っているけれども、他人は知らない自分」を隠さないようにしたり、伝えるようにすればいいのです。

(「隠す」/「隠さない」、「伝える」/「伝えない」については、誤解が多いので、後で説明します。)

大切なことは、自分自身を変える必要はないということです。

でも、心の苦しさを抱えていると『ジョハリの窓』の見え方が変わってしまいます。

“ジョハリの窓の誤解と心理カウンセリング” の続きを読む