ジョハリの窓の誤解と心理カウンセリング

心を楽にするために振り返る子育て

ジョハリの窓

『ジョハリの窓 』 という考え方があります。

まず、概要をWikiPediaから引用します。

自己には「公開されている自己」(open self) と「隠されている自己」(hidden self) があると共に、「自分は知らないが他人は知っている自己」(blind self) や「誰にも知られていない自己」(unknown self) もあると考えられる。

これらを障子の格子のように図解し、格子をその四角の枠に固定されていないものとして、格子のみ移動しながら考えると、誰にも知られていない自己が小さくなれば、それはフィードバックされているという事であるし、公開された自己が大きくなれば、それは自己開示が進んでいるととる事が出来るだろう。

コミュニケーション心理学や健康心理学などにて頻繁に使用される考え方である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%AA%93

心に苦しさを抱えているとき、ほとんどの場合、人間関係の悩みを抱えていますから、『ジョハリの窓』は、誰もが、一度は、触れたことのある考え方だと思います。

『ジョハリの窓』 の考え方に基づけば、人間関係を良くするためには、小さくなってしまっている『開放の窓』を大きく広げていくことが重要だと説明されます。

では、どのようにすれば、『開放の窓』を大きくすることが出来るのでしょうか?

『開放の窓』を広げる方法

実は、長所や短所などということとは関係なく、「自分の知らないけれども他人が知っている自分」を、ただ知るだけで良いのです。

また、隠す必要のないことは、隠さなければ良いのです。

また、「自分は知っているけれども、他人は知らない自分」を隠さないようにしたり、伝えるようにすればいいのです。

(「隠す」/「隠さない」、「伝える」/「伝えない」については、誤解が多いので、後で説明します。)

大切なことは、自分自身を変える必要はないということです。

でも、心の苦しさを抱えていると『ジョハリの窓』の見え方が変わってしまいます。

『ジョハリの窓』と誤解

『心の苦しさ』を抱えてしまうと、ただの概念を伝えているだけの『ジョハリの窓 』 に、 『心の苦しさを解決する』という 目的が組み込まれて、その解釈が変わってしまいます。

自分の『開放の窓』は小さく、心の苦しさを解決するために『解放の窓』を大きくするような働きかけをしなければならない

そのように受けとめてしまうのです。

心に苦しさを抱えてしまう人は、多くの場合、

  • ○○でなければならないのに○○ではない自分
  • × × であってはならないのに× × である自分

ということに意識が向かいがちで、理想の人間(○○である人間/× × ではない人間)になろうと努力しているところがあります。

このような意識が、いずれの『窓 』 に当てはまる要素を評価してしまい、次のように考えてしまいます。

  1. ○○な自分だから知られてもいい/○○な自分になるまでは知られてはいけない
  2. × × な自分ではないから知られてもいい/× × な自分でなくなるまでは知られてはいけない

このような意識で『盲点の窓』に働きかけて、『開放の窓』を広げる変化を起こさせようとすると…

知らなかった自分の短所に気づくと理想の自分に変化させなければならないと思ってしまいます。

逆に、知らなかった自分の長所を教えられても。自分を変化させる役には立たないので、 『開放の窓』を広げるという変化 にはつながらないと感じてしまうので、聞き流してしまいがちになります。

また、このような意識で 『秘密の窓』 に働きかけて、『開放の窓』を広げる変化を起こさせようとすると…

自己開示ということにこだわって、自分が秘密にしている様々なことを、見境になしに誰かに話そうとしまいがちになります。

ところが、 『 開放の窓』を広げようとしても、「人に知られてもいい自分に変わらなければならない」という意識はなくならないので、いつまでも、変わろうとする努力からは逃れることが出来ません。

普通なら墓場まで持っていくだろう秘密を自ら暴露したりしてしまいがちになることもあります。話したくないことを勇気を出して告白したとしても、楽になることはほとんどなく、逆に、後悔してつらくなることの方が多いと思います。

その結果、自分を変えるために欠点を教えてもらいたがるようになり、そして、欠点とは反対の自分として振る舞おうと努力するようになります。

  1. 『盲点の窓』の部分の短所は長所に変えて『開放の窓』に変化させる
    『盲点の窓』の部分の長所は、価値を認めず、『盲点の窓』に留め置く
  2. 秘密の窓をやみくもに開放の窓に変化させようとする

『自分が許せない自分自身の欠点 』 を「これは自分の欠点だ」と開き直って他人に言いふらしたりするようになることもあります。隠しておきたい自分の欠点が周知の事実になっていたとしても、そうではない自分に変わろうとし続けてしまいます。これがコンプレックスです。

このように、偽りの自分とし振る舞ったり、欠点だと強がってみたり、秘密にしておきたいことを暴露したりしようとしていると、とてもつらい気持ちになってしまいます。

つらさを解決するために、つらくなることをしているのです。

『開放の窓』を広げようとしても、長所は『盲点の窓 』 へと追いやって、理想の自分としての偽りの自分によって『開放の窓』を埋めようとする結果、『開放の窓』は広がらないままで、次のような状態になってしまっています。

『秘密の窓』の要素を『開放の窓』へと移行させる ことに関わる誤解

秘密は秘密のままで良い

『秘密の窓』の要素を『開放の窓』へと移行させる為にすべきことは、秘密を暴露することではありません。

伝えるのは、自分の感情や感覚

自分の素直な感情や感覚を相手に伝えようとすることです。

しかも、伝える目的は、相手を変えるためではありません。

ただ自分を知ってもらう為に伝えるのです。

知るだけで、人( 自分も他人も )は、少し変わるものなのです。

心の苦しさには、自分の感情や感覚を隠そうとする働きがあるのです。

ですから、

  • 心の苦しさを解決するために、感情や感覚を伝えて『開放の窓』を広げようとする

のではなく、

  • 心の苦しさを解決した結果、それほどの努力を必要とせずに、 感情や感覚を伝えられるようになって、自然に『開放の窓』が広がる

と考えた方が良いでしょう。

心の苦しさの原因

そこで、注目されるのが『心の苦しさの原因』です。

結局のところ、これが分からず困ってしまい、色々な間接的な対処方法を考えてしまうのです。

『ジョハリの窓』に基づく心へのアプローチも同様ですが、ここからは、『心の苦しさの原因』について直接的に説明します。

記憶に刻まれた子供の頃の思い出(つらくされた挙げ句の果て、救ってもらえなかった気持ち)

「すべき」「すべきではない」というのは、子供の頃の思い出が関係しています。

  • 「すべき」は、
    しないと怒られる、しないと馬鹿にされる、しないと相手にしてもらえない、しないと無視される、しないと嫌われる…など
  • 「すべきではない」は、
    すると怒られる、すると馬鹿にされる、すると相手にされない、すると無視される、すると嫌われる…など

子供にとっては、そのような反応を親から引き出してしまうことがとても怖いことで、実際に、そうされることは、とてもつらいことなのです。

そして、そうされることによってつらくなってしまった気持ちが、救われることがなかったのです。

この2種類の体験の繰り返しが、思い出となって、その人の人生を付きまとうようになります。

この恐怖から解放されれば、『ジョハリの窓』の目的は失われ、要素の所在を知るためのただの地図にもどるのです。

だから、どうしても、そのような状況に陥ってしまうことは、避けなければならないのです。

心の苦しさを抱え続ける状態から抜け出すためのの具体的な方法

この恐怖から解放されるためには、実体験を通して、

  • 怒られたり馬鹿にされたりしてつらくなっても、直ぐに、つらい気持ちは楽な気持ちへと回復するという事実を知ること
  • それが、知られても、怒らない人、馬鹿にしない人もいるという事実を知ること

これらを心理カウンセリングを通して体験し、日常生活の中でも、同じ体験をさせてくれる人もいるということを予感できるようになればいいのです。

そうすれば、まず、ありのままの自分の『ジョハリの窓』を受け入れることが出来るようになります。

そして、カウンセリングから離れた日常生活においても、同じ体験をさせてくれる人と身近な人間関係を作って、自然に『開放の窓』を広げながら過ごすことが出来るようになるのです。

『開放の窓』 は、広げようと狭くなり、自分の 『ジョハリの窓』を受け入れ れば、自然に広がるものなのです。