トラウマ 克服 カウンセリング

心を楽にするために振り返る子育て

『トラウマ 』 という言葉は、最近、日常の会話の中でも耳にするほど、一般的な言葉になったところがあります。

ただ、もともとの意味とは、少し違ってきているところがあるように思います。

Wikipediaには、トラウマについて次のように説明が記載されています。

心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃(外傷的出来事)を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。対処法については、「心的外傷#治療」を参照。

心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し、持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外傷後ストレス障害(英語: Post Traumatic Stress Disorder、略称:PTSD)ともなりえる。

心的外傷となるような体験を、外傷体験(英:traumatic experience)という。

【説明】

典型的な心的外傷の原因は、身に危険を感じるような出来事である。例えば、児童虐待(幼児虐待)や性虐待を含む虐待、強姦、戦争、犯罪や事故、いじめ、暴力、アカハラ、パワハラ、セクハラ、モラハラを含む出来事、実の親によるDV、大規模な自然災害などである。

心的外傷が突如として記憶によみがえりフラッシュバックするなど、特定の症状を呈して持続的に著しい苦痛を伴えば急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって心的外傷後ストレス障害 (PTSD) ともなりえる。

症例の目安としては、成人であっても幼児返り現象が見られることがある。これは精神の仕組みとして想定されている防衛機制における退行であり、耐え難い困難に直面していると解釈される。時に夜驚症の反応を交えるため、対応には慎重さが要求される。軽度の場合は、ヒステリー状態が短発的に継続して(間を置いて寄せ返す波のように)発生するのが平均の状態ではあるが、社会生活を営むうえで若干の弊害となるため、専門的治療が必要な場合もありうる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%A4%96%E5%82%B7

このような説明になるのですが、最近、よく耳にするトラウマの意味は、恐怖症になるきっかけとなった出来事のことをいっていることが多い感じがします。

ですから、「トラウマを克服する」とか「トラウマを乗り越える」というように、その出来事に対処できるようになることを目標とするように使われ方をするのだと思います。

もともとの意味のトラウマとして使っているときは、「トラウマを治す」、「トラウマの治療」というような使われ方をすることが多いように思います。

トラウマの意味には2種類あることを大雑把に説明しましたが、その根本的にはある共通点があります。

それは、『つらい気持ちへの対処』です。

“トラウマ 克服 カウンセリング” の続きを読む

ジョハリの窓の誤解と心理カウンセリング

心を楽にするために振り返る子育て

ジョハリの窓

『ジョハリの窓 』 という考え方があります。

まず、概要をWikiPediaから引用します。

自己には「公開されている自己」(open self) と「隠されている自己」(hidden self) があると共に、「自分は知らないが他人は知っている自己」(blind self) や「誰にも知られていない自己」(unknown self) もあると考えられる。

これらを障子の格子のように図解し、格子をその四角の枠に固定されていないものとして、格子のみ移動しながら考えると、誰にも知られていない自己が小さくなれば、それはフィードバックされているという事であるし、公開された自己が大きくなれば、それは自己開示が進んでいるととる事が出来るだろう。

コミュニケーション心理学や健康心理学などにて頻繁に使用される考え方である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%AA%93

心に苦しさを抱えているとき、ほとんどの場合、人間関係の悩みを抱えていますから、『ジョハリの窓』は、誰もが、一度は、触れたことのある考え方だと思います。

『ジョハリの窓』 の考え方に基づけば、人間関係を良くするためには、小さくなってしまっている『開放の窓』を大きく広げていくことが重要だと説明されます。

では、どのようにすれば、『開放の窓』を大きくすることが出来るのでしょうか?

『開放の窓』を広げる方法

実は、長所や短所などということとは関係なく、「自分の知らないけれども他人が知っている自分」を、ただ知るだけで良いのです。

また、隠す必要のないことは、隠さなければ良いのです。

また、「自分は知っているけれども、他人は知らない自分」を隠さないようにしたり、伝えるようにすればいいのです。

(「隠す」/「隠さない」、「伝える」/「伝えない」については、誤解が多いので、後で説明します。)

大切なことは、自分自身を変える必要はないということです。

でも、心の苦しさを抱えていると『ジョハリの窓』の見え方が変わってしまいます。

“ジョハリの窓の誤解と心理カウンセリング” の続きを読む