トラウマ 克服 カウンセリング

心を楽にするために振り返る子育て

『トラウマ 』 という言葉は、最近、日常の会話の中でも耳にするほど、一般的な言葉になったところがあります。

ただ、もともとの意味とは、少し違ってきているところがあるように思います。

Wikipediaには、トラウマについて次のように説明が記載されています。

心的外傷(しんてきがいしょう、英語: psychological trauma、トラウマ)とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃(外傷的出来事)を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。対処法については、「心的外傷#治療」を参照。

心的外傷が突如として記憶によみがえり、フラッシュバックするなど特定の症状を呈し、持続的に著しい苦痛を伴えば、急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって、心的外傷後ストレス障害(英語: Post Traumatic Stress Disorder、略称:PTSD)ともなりえる。

心的外傷となるような体験を、外傷体験(英:traumatic experience)という。

【説明】

典型的な心的外傷の原因は、身に危険を感じるような出来事である。例えば、児童虐待(幼児虐待)や性虐待を含む虐待、強姦、戦争、犯罪や事故、いじめ、暴力、アカハラ、パワハラ、セクハラ、モラハラを含む出来事、実の親によるDV、大規模な自然災害などである。

心的外傷が突如として記憶によみがえりフラッシュバックするなど、特定の症状を呈して持続的に著しい苦痛を伴えば急性ストレス障害であり、一部は1か月以上の持続によって心的外傷後ストレス障害 (PTSD) ともなりえる。

症例の目安としては、成人であっても幼児返り現象が見られることがある。これは精神の仕組みとして想定されている防衛機制における退行であり、耐え難い困難に直面していると解釈される。時に夜驚症の反応を交えるため、対応には慎重さが要求される。軽度の場合は、ヒステリー状態が短発的に継続して(間を置いて寄せ返す波のように)発生するのが平均の状態ではあるが、社会生活を営むうえで若干の弊害となるため、専門的治療が必要な場合もありうる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E7%9A%84%E5%A4%96%E5%82%B7

このような説明になるのですが、最近、よく耳にするトラウマの意味は、恐怖症になるきっかけとなった出来事のことをいっていることが多い感じがします。

ですから、「トラウマを克服する」とか「トラウマを乗り越える」というように、その出来事に対処できるようになることを目標とするように使われ方をするのだと思います。

もともとの意味のトラウマとして使っているときは、「トラウマを治す」、「トラウマの治療」というような使われ方をすることが多いように思います。

トラウマの意味には2種類あることを大雑把に説明しましたが、その根本的にはある共通点があります。

それは、『つらい気持ちへの対処』です。

もし、つらい気持ちになってしまっても、直ぐに、つらい気持ちを癒やしてくれる人と関わると、比較的簡単に楽な気持ちを取り戻すことができます。

直ぐに、つらい気持ちから解放されるのですから、それほどつらい気持ちを意識することはありません。

その時にただつらかっただけのことだと認識するだけです。

ところが、つらい気持ちを直ぐに楽な気持ちにすることが出来ないと、つらい気持ちを感じている期間は長引いてしまいます。

つらくなる度に、そうやって過ごしていると、「つらくなってしまうと長い間つらい気持ちで過ごさなければならない」ということが、その人にとっての真実になってしまいます。

そして、つらい気持ちになるのが怖くなってしまうのです。

つらさ恐怖症といえるかも知れません。

もともとの意味のトラウマは、

  • つらくなる体験が繰り返され、その度に、つらい気持ちをひとりで抱えて耐えなければならなかった
  • 強烈につらい体験があり、そのつらい気持ちをひとりで抱えて耐えなければならなかった

といった体験が深く記憶に刻み込まれてしまっています。

記憶に深く刻み込まれてしまった原因は、体験の後に、人とつらい気持ちが回復する関わりができなかったことにあります。

  • 親や身近な大人の能力の問題
  • 環境的な問題
  • 人に話すのが難しい体験だった
  • 人には話せない体験だった

恐怖症のきっかっけの意味のトラウマには、トラウマとなった出来事よりも前に、「心を回復させる方法を知らない」という問題があります。

具体的には、子供の頃に、「つらい気持ちが直ぐに楽になる」という体験をさせてもらえなかったということです。

簡単に言うと、「つらくて泣いている時に、親や近くの大人に抱き上げてもらえなかった」ということです。

これは、「子供が泣くことをわがままだと解釈するしつけ」 の副産物ということができます。

親や大人がしつけだと思っていても、子供の心にトラウマを残してしまうことは多くあります。

しつけによるトラウマは複雑で、「親や大人の価値観を押しつけるしつけ」が『意識されるトラウマ』となります。

親や大人が、某かの価値観にこだわって子供を従わせようとしているときは、子供がつらくて泣いているのに、「わがままを言っている」と解釈して、放っておいたり、逆に、感情を高ぶらせて、更に激しく怒鳴りつけてしまいがちです。

子供は、「あんな親にはなりたくない」、「あんな大人にはなりたくない」、「自分の子供にはあんなことはしない」と誓って大人になり、親になります。

でも、「つらくて泣いているのに抱き上げてもらえなかった」ということは意識することは、ほとんどありません。

逆に、

  • つらくて泣きたくなったら、ひとりでつらい気持ちを我慢しなければならない

といったことを受け入れてしまっているところがあります。

この「つらくて泣きたくなったら、ひとりで我慢しなければならなかった」という体験は、ある意味トラウマということが出来ます。

一般的にトラウマとして意識するのは、「泣かされるきっかけとなった体験」、「つらいきもちになった体験」の方です。

ですから、 子供は、「あんな親にはなりたくない」、「あんな大人にはなりたくない」、「自分の子供にはあんなことはしない」と誓うのです。

でも、本当に怖いのは 『意識できないトラウマ』 の方です。

『意識できないトラウマ』によって、「つらくなったら、つらさが自然に和らぐまで、ただ我慢するしかない」と信じ、そして、「つらくなっても簡単に楽な気持ちを取り戻すことができる」ということを知らずに生きていくようになってしまいます。

もともとのトラウマは何でもないときにもふとそのことを思い出してしまって苦しめられるところがあります。

でも、『意識できないトラウマ』は、何でもないときに意識して苦しむことはありませんし、つらくなったときも意識することはありません。

ところが、つらい気持ちを回復させないように、人生を通して働き続けるのです。

これが、両方の意味のトラウマの原因として影響してしまうところもあります。

でも、安心してください。

今からでも、一度だけでも、誰かに気持ちを受けとめてもらいながら、スッキリした気持ちになるまでしっかりと泣くことが出来れば、心を楽にする方法を取り戻せます。

「カウンセリングで問題を解決する」なんて難しいことを考えずに、「泣いてスッキリするためにカウンセリングを活用する」と考えて、一度、しっかりと泣いてみませんか?

克服したり乗り越えたりする必要はありません。

つらい気持ちを回復させる方法を実践できるようになるだけで良いのです。