カウンセリング 受ける べき か

心を楽にするために振り返る子育て

何かに悩んでいたり、心の苦しみを抱えていたりすると、「カウンセリングを受けるべきだろうか?」と考えることがあるかも知れません。

この疑問の背景には、「カウンセリングは心が病んだ人が受けるもの」という漠然とした感覚があるのではないかと思っています。

ですから、「カウンセリングを受けるべきか?」という問いは、「自分の心は病んでいるのか?」という疑問の別の表現であることがあります。

この先を考えることによって答えを求めようとすると、「心が病んでいるとはどういうことか?」という疑問に対する答えも必要になってきます。

「カウンセリングを受けるべきか?」、「自分の心は病んでいるのか?」、 「心が病んでいるとはどういうことか?」という思考の連鎖によって、もともと感じている「心が苦しい感覚」や「心を不自由にする感覚」から解放されたいという気持ちから離れて、哲学的な思考にはまり込んで、考えれば考えるほど、哲学的な思考に伴うストレスまで付け加わってしまいます。

ですから、「カウンセリングを受けるべきか?」ではなく、「心を楽にするためにカウンセリングは活用できるか?」、「心を解放するためにカウンセリングは活用出来るか?」と考える方が良いと思います。

このように考えると、カウンセリングを受けているときに、「カウンセリングの度につらい気持ちになるのに、カウンセリングをやめずに続けている」ということにはならないと思います。

心の病気と考えてしまうから、「苦くても薬を飲まなければならない」と似た感覚で「つらくてもカウンセリングを続けなければならない」と思ってしまうのです。

「万が一、話をすることによってつらい気持ちになってしまっても、つらい気持ちのまま突き放されるのではなく、そのつらい気持ちに寄り添ってもらえる」と信じられる 相談者の方とカウンセラーとの関係性を保ち続けることがカウンセリングだと考えています。

「カウンセリングがつらい」と感じながらカウンセリングを続けているとき、つらい気持ちを隠したままカウンセラーと接している可能性があります。

もし、カウンセリングがつらいことをカウンセラーに伝えても、気持ちが楽になるような関わりを得ることが出来なかったら、そのカウンセリングは合っていない可能性があります。

最後に、話を戻しますが、苦しい気持ちを抱えている時は、心の病気かどうかは関係なく、気持ちを楽にするためにカウンセリングが活用して頂けば良いのだと思います。