カウンセリングの感想

30代 女性

先日のカウンセリングの際は、ありがとうございました。 催眠療法は、とても不思議な体験でした。

意識があるのに、自分の頭の中の想像の世界で実際に体験しているような(客観的に)感覚?でした。

カウンセリング中は、先生に私の思いや感情が伝えきれていないのか心配でした。

先生に私の感じている事を理解してもらえているのか、そればかり気になっていました。

話せば話すほど、自分でわけが分からなくなりました。

(お恥ずかしい限りです。)

自己を表現するのはなかなか難しいですね。

解決へ導いてくださり、感謝しております。

実際、自分がどう変わったのか、イマイチつかめていません。

でも格段に気分は良くなり、前向きになれた気がしています。

私が父にもっと愛されたかったというのはとても大きな発見でした。

それが分かった時、私には大きな何かが欠けていたことが分かりました。

自分に壁を作っていた原因は、人に受け入れてもらえるという事を私は感覚で体験した事が無く、戸惑いから恐怖へ変わっていったのではと思っています。

実際、その大きなポイントが完全に改善されたかと言うと、あまり自信がありません。

というか、少し不安があります。『あ、これだ』というのを感じていないからでしょうか。

先生に、また『考えるのではなく、感じるのです』と言われそうですね(^_^;) 

治療後はだいぶ色々考えてしまいましたが、深く考えず、自然にしていることが大切なのでしょうか。

今後、また壁にぶつかってしまったり、身動きが取れなくなるような状態に陥ってしまった際には(二度とそこまで落ちたくないですが)またカウンセリングして頂きたいと思います。

先生に出会えて良かったです。

とても感謝しております。

また関西弁炸裂でお話聞かせてください!!

ありがとうございました。