催眠療法

02.催眠状態でできること

(1)心身のリラックス

催眠療法で心と体のリラクゼーション
  • 催眠療法は、特に悩みがなくても、アロマテラビーやリフレクソロジーなどと同じように 、心身のリラックスすることをお手伝いします。

「悩みのことは考えたくない」とか「悩みのことをあまり人に話したくない」、でも、「楽になりたい」というときにも適しています。

(2)思い込みをご自身で再評価

  • 催眠療法により、自分自身にとって都合の悪い思い込みのようなものを対処するお手伝いをします。
催眠療法でニュートラルになれば、過去の思い込みを自身で再評価できる

人は、周りの状況を理解したり、他人の考えを理解するときに、実は、そのひとその人特有のフィルターを通しています。

そして、それが自分に受け入れることができるかどうかを判断して、受け入れても良いと思うことだけを選択して受け入れていきます。

例えば、自分のことを「機械音痴」と言っている人に対して、機械の操作に対する説明をいくら丁寧に分かりやすくしたとしても、そのフィルタによって捨てられてしまって、説明を受けたあとでも、やっぱり機械音痴のままであることが多いといえます。

例えば、「不安に思う」というフィルタが出来上がってしまうと、安心を裏付ける情報は捨てられて、不安を裏付ける情報ばかりを取り入れてしまうために、ますます不安になってしまいます。

催眠状態になると、このフィルタがゆるくなって、自分が安心だと思える言葉を、そのまま受け入れることができるようになります。