対面カウンセリングと電話カウンセリング どっちがいいの?

「心への日頃の取り組み」とカウンセリングのイメージの関係

「心の問題を解決しなければならない(問題がある心を、問題のない心にしなければならない)」と思い込んでいると、「カウンセリングを受けても、どうせ、自分の悪いところを正常にするためのアドバイスをされるだけだ」と感じてしまいます。

そうすると、自分が自分自身をより良く変化させようと、常日頃から様々な努力をし続けているところがあります。

そのような人は、「より良い自分に変わること」をカウンセリングの目標としてしまうので、これまでずっと努力して分かりきっていることをアドバイスされたり、これまでの自分の努力を評価されたりするだろうと考えてしまって、カウンセリングに価値を感じることが出来ないのは当然のことだと思います。

また、カウンセラーに、より良い自分に変えてもらうことを期待している場合は、自分を変えるためのアドバイスがないと不満に思い、自分を変えるためのアドバイスがあると、そうではない今の自分を意識してしまい辛い気持ちになってしまいます。

自分を変えようと努力している場合も、自分を変えてもらおうとする場合も、カウンセリングを活用しようとする時の目的は「今のダメな自分を、価値ある自分に変える」ということでは同じといえます。

しかし、心の苦しさは、自分がダメだから抱えてしまうのではありません。

自分は変わらなくても大丈夫なのです。

ならば、「自分は変わらなければならない」と考えてしまうところを「自分は変わらなくても良い」と考えるように、思考を変えれば良いのかと考えてしまい易いところがあります。

しかし、それも違います。

心理カウンセリングの目的は、自分を「ダメな存在」から「OKな存在」へと変えることではありません。