「完全な『量子テレポーテーション』に初めて成功」というニュース

東京大の古澤明教授らの研究チームが、光の粒子に乗せた情報をほかの場所に転送する完全な「量子テレポーテーション」に世界で初めて成功したと発表した。

 

論文が15日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。計算能力が高いスーパーコンピューターをはるかにしのぐ、未来の「量子コンピューター」の基本技術になると期待される。

 

量子テレポーテーションは、量子もつれと呼ばれる物理現象を利用して、二つの光子(光の粒子)の間で、量子の状態に関する情報を瞬時に転送する技術。1993年に理論的に提唱され、97年にオーストリアの研究者が実証した。しかし、この時の方法は転送効率が悪いうえ、受け取った情報をさらに転用することが原理的に不可能という欠点があり、実用化が進まなかった。

 

光は粒子としての性質のほか、波としての性質を持つ。古澤教授らは、このうち効率がいい「波の性質」の転送技術を改良することで、従来の欠点を克服、これまでの100倍以上という61%の高い成功率を達成した。

 

◆量子もつれ=光子など二つの粒子が一体としてふるまう物理現象。送り手と受け手に光子を一つずつ配り、送り手が光子を操作すれば、その瞬間に受け手の光子も相互作用を受ける。SFに登場する大きな物体の瞬間移動とは異なる。

 

(2013年8月15日10時11分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130815-OYT1T00283.htm

 

量子テレポーテーション

 

量子テレポーテーション(りょうしテレポーテーション、英:Quantum teleportation)とは、古典的な情報伝達手段と量子もつれ (Quantum entanglement) の効果を利用して離れた場所に量子状態を転送することである。

 

テレポーテーションという名前であるものの、粒子が空間の別の場所に瞬間移動するわけではない。量子もつれの関係にある2つの量子のうち一方の状態を観測すると瞬時にもう一方の状態が確定することからこのような名前がついた。なお、このテレポーテーションによって物質や情報を光速を超えて移動させることはできない。

 

古典的な情報転送の経路を俗に古典チャンネルなどと言うことに対し、量子もつれによる転送をアインシュタイン=ポドルスキー=ローゼン (Einstein-Podolsky-Rosen; EPR) チャンネルと呼ぶ。EPR相関から来ている。古典チャンネルでは任意の量子状態を送ることはできず、量子状態を送るには系自体を送信するか、量子テレポーテーションを用いる必要がある。

 

WikiPediaより引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

 

あんまり理解できないのですが、

ホログラフィックな世界と関係がありそうで、ちょっと興味があるので、とりあえずメモ投稿。

(さらに…)

「首を切断された『プラナリア』は頭の再生と同時に記憶も再生される事が明らかに」という記事に関連して

プラナリアという生物がいます。

250px-Smed

※画像は wikipedia より引用

プラナリアの自己再生能力は有名なので、知っている方は多いと思います。

プラナリアは、いくつに切断しても、切断した断片の全てが、頭や尾っぽを再生して、完全な個体として再生するのです。

以前、NHKだったと思うのですが、「なぜ、切断した断片の頭側に頭が再生され、尾っぽ側に尾っぽが再生されるのかが解明されたという番組をやっていました。

細かいことは覚えていないのですが、

プラナリアの体内には、常にある物質の流れがあり、その流れによって、頭と尾っぽの区別をして再生している

といった内容だったと思います。

その理論を応用して、断片の頭側尾っぽ側頭を再生させたり、逆に、頭側にも尾っぽ側にも尾っぽを再生させたりしていました。

そんなプラナリアに関するおもしろい記事を見つけました。

(さらに…)

「決断のしくみ」と『進化の決断』に関する妄想

4月29日にNHK Eテレで放映された地球ドラマチックのタイトルがおもしろそうだったので、録画しました。

でも、何となく見る気にならずに、そのまま放置。

先週、ようやく見ました。

 

タイトルは、「動物は何を考えているのか?」

 

概要をNHKのホームページから引用しておきます。

「動物は何を考えているのか?」
本能のままに生きているように見える動物たち。彼らは何かを考えて行動しているんだろうか…。

ユニークな実験を通して、そんな疑問を解消!

動物の“思考”を徹底検証する。

 

動物に“モラル”はあるのか?

2匹の犬に「お手」をさせ、片方だけに褒美をあげ続ける。

犬に不公平という感覚はあるのか。

ネズミは、見知らぬ仲間が、おりに閉じ込められて窮地に陥っているのを見て、助けようとするのか。

 

また、動物の“決断”の秘密にも迫る。

ハチの群れは、離れた場所に2つの巣箱があるとき、より条件の良い方を選んで巣作りをする。

群れは、この“決断”をどうやって下しているのか。

番組内のサブテーマのそれぞれが、それぞれにおもしろかったです。

再放送などがあれば、是非、見てみて下さい。

 

その中で、私の最近の妄想にマッチするものがありました。

それは、ハチの決断に関するものです。

 

(さらに…)

ホログラフィック・ワールド!?

木内鶴彦さんの動画を見た流れで、投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待という本を読むことになりました。

とっかかりの部分のポイントは大体次のようなものです。

(誤って理解しているかもしれませんが・・・・)

■フォログラムの説明

  • フォログラムのフィルムには、どの部分をとってみても、全体の情報が含まれている

※ホログラムについては、次のサイトを確認すると、概要がつかめます。

http://www.jomon.ne.jp/~artnow/course/course.html

 

■私たちの生きている世界の説明

  • 私たちの住む世界も、フォログラムのフィルムのような世界
  • 私たちの脳が、それを立体として認識している
  • フォログラムの性質があるので、どの点を取ってみても、全体が含まれる世界
  • 脳にも、一部に、全体の情報が含まれて記憶されているようなところがある

第四章くらいまでは、「そんな解釈があるんだ!」という驚きの感覚で一気に読めました。

かなりおもしろいです!

ただ、第五章あたりから、ちょっと、スピリチュアルな話へと移行していきます。

私が第一章から第四章まで読んで期待していた内容とのギャップが生じてしまい読みにくくなってしまいました。

そこで、2日ほどあけて、第五章から読み始めると、以前知りたいと思ったことへの期待感が減衰したためか、楽に読むことができました。

(さらに…)

木内鶴彦氏の語った臨死体験と意識体

「無意識」や「非言語思考」について、3回に渡って投稿し、

私の妄想は、ひと段落していました。

 

そんなところで、YouTubeで特に考えもなく動画を見ているうちに

なぜか、たまたま、木内鶴彦氏の動画に、たどり着きました。

とても興味深い内容です。

 

木内鶴彦氏のことは、以前、「タイムトラベルができるとしても、「光速を超える」というよりは、こんなイメージの方が正しそうな気がします」でご紹介しました。

臨死体験の最中に、タイムトラベルをして、「宇宙の始まり」、「月はどのようにしてできたか」などを

確かめてきたという、突拍子もないような話もされていますが、

この動画を見て、なんとなく、「そういうことなのだろうな・・・」と思えました。

動画がおもしろかったので、思わず、書籍も購入して読みました。

書籍版Kindle版(電子書籍)

(さらに…)