対面カウンセリングと電話カウンセリング どっちがいいの?

どの形式を選ぶべきか?

前置きが長くなりました。

さて、メールカウンセリング、電話カウンセリング、対面カウンセリングの、どの形式を選べば良いと思いますか?

その時々の心理状態にもよると思いますので、一概には言えないところがありますが、私が考えることを説明します。

文字によるカウンセリング

まず、メールやLINE、掲示板などの文字によるカウンセリングですが、カウンセリングの入り口としては良いかもしれませんが、長く続けるのはあまりお勧めできません。

理由は、

  • それぞれの言葉(文字)が持つ意味が人によって異なる可能性がある
  • 人の存在をあまり感じることができないので、自分が人に対して映し出すものによって生じる感覚やその感覚によって引き起こされる反応に対する働きかけはほとんど期待できない。

その結果、考え方や考えた内容に関する議論に陥り易いところがあります。

そのような考え方や解決策に関することなら、わざわざメールカウンセリングなどしなくても、きっとインターネット上の情報や書籍などから既に情報として得ていることだと思います。

ですから、メールカウンセリングに意味を見いだせなくなり、続けられなくなる可能性が高いです。

また、対話形式のカウンセリングと比べれば、チャット形式でなければ返事が来るまでには大きなタイムラグが発生します。

このタイムラグによって、言葉で話せば、自分の思いとは違うことが伝わったと感じたら、その場で訂正することができますが、その場で訂正することはできませんから、相手の文章を読み間違えて嫌な気持ちになってしまった場合、その部分に関する気持ちはこじれたまま放置することになります。

更に、文章が、相手にどのように受けとめられたかを、表情や口調などから感じ取ることもできませんから、こじれた気持ちを抑えてやりとりしているということにも気づくことが困難です。

普通に話していれば何ともないことでも、LINEだと話がややこしくなりやすいのも、そんな理由だと思います。

更に更に、返事が来たときには、相談内容を送った時とは、心境が変化して、せっかくの返答がピンと来ないこともあるでしょう。

もっとも重要なことは、コミュニケーションの体験としては弱すぎるということです。