見方を変えれば理解できる

心理カウンセリング・催眠療法の受付

最近、『僕と妻の1778の物語』という映画をDVDで見ました。

詳しい話は省略しますが、ちょっと気になったシーンがありましたのでご紹介したいと思います。

それは、映画の後半にありました。

入院中の妻/ 節子 ( 竹内結子 ) を見舞いに通う 牧村朔太郎 ( 草ナギ剛   )は、

その独特の行動から、病院の人たち(看護婦や患者など)に『変わった人』という感じに受けとめられていました。

ところが、あるきっかけで奇妙な行動の理由を知った病院の人たちは、

一転して、彼に好意的な気持ちを抱くようになります。

周りの人の感じ方が勝手に変わっただけで、牧村朔太郎(草ナギ剛 )は何も変わっていません

以前、『「あの人は嫌いだ」ということの真実』という文を書きましたが、

その記事でお伝えしたかったのは、正にそういうことです。

  • その人の大切な部分知れば、その人を受け入れることができ、
  • 逆に、人を理解できないのは、その人の大切な部分知らないから

ということです。

話は変わりますが、最近、名古屋の市会議員だったと思うのですが、

その素行などが問題になり、議員を辞めさせようとしていることを

朝のワイドショーで知りました。

ボーッとその報道やコメンテータの話を聞いていると、

私は、「ひどい議員もいたものだ・・・」と少し怒りを覚えもしました。

でも、我に返りました。

私は、その議員のことは、その時に聞いた情報以外は何も知りません。

なのに、ちょっとした怒りまで覚えてしまったのです。

テレビが提供する情報は怖いと思いました。

その議員とは無関係で、しかも、その人のことを全く知らない

そんな私にさえ、その番組をほんの2~3分見ただけで、

怒りの感情を抱かせてしまうのですから・・・・。

一瞬に思考停止に陥りかけましたが、免れました。

「私は、その人の人生を理解できるほど、その人の大切なことの大部分を知っているのだろうか?」

そう自分に問いながら、思考停止にならないよう気をつけようと思いました。

少し話は変わりますが・・・

「いじめ」の問題も同じように注意が必要だと感じます。

相変わらずマスコミが騒いでいますが、

被害者の大切なこと、加害者の大切なこと、関係者の大切なこと・・・・

マスコミも私たちも、「それらのほとんどを知らない」ということを忘れてはいけないと思います。

そうしなければ、本当の問題や解決にはたどり着けないでしょう・・・。

このブログは、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

 

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389) 

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください