「依存させる人」と「依存される人」

行動のサイクル

人は、「行動のサイクル」を基本にして活動しています。

y0003

1.自分が感じる

自分の五感によって感じます。

2.「自分が感じたこと」に基づいて考える

何かを感じることによって、その感覚に対して対処する必要があれば考え始めます

3.「自分が考えたこと」に基づいて行動を起こす

考えたことを行動によって実現しようとします。

行動サイクルが回し始める目的は、始めに感じた感覚によって生じた欲求を満たすためです。

もし、感覚が残っていれば、次のサイクルに入ります。

また、まだ感覚が残っていても、「まぁ、はじめの感覚によって生じた欲求が、ある程度満たされたかな」と感じたときは、次の「行動のサイクル」は始まりません。

これが基本的な考え方です。

これを踏まえて、「依存させる人」「依存される人」の説明を続けます。