黙り込む心理

「黙り込む心理」

このキーワードで検索する方と置かれている状況には、次のようなものがあるかなと想像しています。

  • 自分と関わる人(友人・知人・恋人・配偶者など)が、黙り込んでしまうことがある
  • 自分(先生や大人)が接することのある子供が、黙り込んでしまうことがある
  • 自分(親御さん)の子供が、黙り込んでしまうことがある
  • 自分自身が、黙り込んでしまうことがある

さて、「黙り込む」とは、どのような状態のことを言っているのでしょうか?

一般的には、意図的に黙り込んでいる(黙り込もうと思って、黙り込んでいる)と理解し、次のように解釈してしまいがちです。

  • 怒りを表現している
  • すねている

しかし、実際はそうではありません。

「ただ、単純に、何も話せなくなってしまっている」

と理解するのが正しいのです。