母子密着

「母子密着」

この言葉ほど、罪な言葉はないと思っています。

なぜなら、「母子密着」という言葉が「母子密着」を作ってしまうといえるからです。

みなさんは、母子密着と聞くと、どのような感じを受けますか?

以前、私は、母子密着が、具体的に分からないのに、何となく「悪いことなんだろう」という印象を受けていました。

たぶん、みなさんも、ネガティブな雰囲気を感じるだろうと思います。

母子密着という言葉の始まり

私が子供の頃に、話題になったことがあります。

成績優秀で東大に進学したものの

例えば、「ママ、パジャマのボタンとめて」とかいうように

勉強以外は、自分では何も出来ない人がいるらしい・・・

これは、都市伝説的な話だったのかもしれませんが、そのような状態になる原因が母子密着にあると言っていたような気がします。

また、他にも、子供や青少年がニュースになるような問題を起こすと、テレビで評論家たちは、母子関係に少しでも問題がありそうなら、「母子密着が問題だ」と、頻繁に言っていたような記憶があります。

(今でも、そんなところは、あるような気がします。)

このように、母子密着という言葉は、もともと問題を指摘するために作られたものですから、ネガティブな印象を感じるのは当然かもしれません。

でも、もっと、正確に言うと、「何らかの問題に対して、『母子密着という原因がある』と考えた人がいた」というだけで、それがことの本質を捉えているかどうかは不明なままなのです。

しかし、今では、「ある問題に対する仮説のひとつ」であったはずの母子密着という考えが、まるで実在する問題であるかのように広まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です