「そんな子に育てた覚えは無い」と「親の顔が見たい」

心理カウンセリング・催眠療法の受付

「そんな子に育てた覚えは無い」と「親の顔が見てみたい」

どちらが正しいか?

答えは、「親の顔が見てみたい」だ。

「そんな子に育てた覚えは無い」は、例えると、
誰かの頭を叩いたとき、「どうして、お前の頭は、私の手に当たってくるんだ!」
と怒っているのと同じこと。

そんな子供に育てたのは、「そんな子に育てた覚えは無い」と言っている人以外にはいない。

その子は、本当に、「そんな子」呼ばわりされるような子供なのか?
その子は、「そんな子」呼ばわりされる子供ではなく、親が勝手にそう感じているのかもしれない。

もし、誰が見ても、「そんな子」呼ばわりされるような子供だったとしたら、次のように問うてみることだ。
自分のどのような接し方が、子供をそのようにしてしまったのか?

子供に責任の全てを負わせるのは、かわいそう過ぎる。

このブログは、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

 

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389) 

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください