34. 子供のしつけ

読むカウンセリング 2013/11/20

こんにちは、ピュアハート・カウンセリングの田中です。

今回は、「子供のしつけ」について、考えてみました。

子供のしつけ

例えば・・・

子供がトイレに言った後、いつもいつも電気を消さないとき、親は子供に、「トイレに行ったら電気を消す習慣」を身につけさせたいと思うでしょう。

このように、

■子供にきちんとした生活習慣を身につけさせること

を「しつけ」と定義します。

しつけの方法は、大きく次の2通りに分かれると考えています。

マメに声がけする

子供がトイレの電気を消していないことに気がついたとき、「トイレの電気ついてるよ~」と、軽く一声かけます。

我が家の子供たちは、このような対応を続けていたら、トイレの電気の消し忘れをしなくなりました。(はっきり覚えていないのですが、半年や一年は続けたと思います・・・(苦笑))

お互いの気持ちは穏やかなままです。

ガツンと言って聞かせる

子供がトイレの電気を消していないことに気がついたとき、「また、トイレの電気ついているじゃない!次からはちゃんと消しなさい!」と高圧的(感情的)に注意します。

これでも、電気を消す習慣は身につくかもしれません。

しかし、習慣が身につくまでは、子供が電気を消し忘れる度に、次のようなことになってしまいます。

【親】

親は、感情的になって、「何回同じことを言ったら、トイレの電気が消せるようになるの!」と子供を責める

【子供】

責められた子供の方も、「トイレの電気ぐらいで、どうして、あんなに怒るんだ!?」と感情的になる

そして、お互いに、ストレスを溜めて、感情をエスカレートさせてしまいます。