33. 「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」と「感情」

読むカウンセリング 2013/10/09

こんにちは、ピュアハート・カウンセリングの田中です。

「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」と「感情」

先日、小学校の参観に行って、気づいたことがあります。

国語の授業だったのですが、「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」ということがテーマでした。

教科書の文章から、「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」に当たる表現を児童に発表させていました。

色々な発表があった中で、1点だけ引っかかったものがありました。

それは、「悲しい」気持ちが、「マイナスの気持ち」に分類されたことです。

たぶん、私も、心理についてあれこれと考える前だったら、「悲しい」気持ちを「マイナスの気持ち」に分類することは全く気にならなかったと思います。

でも、今回は、ものすごく違和感がありました。

はじめは、どうしてなのか分からなかったのですが、しばらく考えて、違和感の理由が理解できました。

私の思う「プラスの気持ち」と「マイナスの気持ち」は、例えば、次のようなものです。

■プラスの気持ち

気になる人と仲良くなりたいと思った。

■マイナスの気持ち

気になる人がいるけど、どうせ仲良くなれないと思って諦めた。