25.外しにくい仮面の外し方

読むカウンセリング 2012/02/29

外しにくい仮面の外し方

人は、時や場所に応じた仮面をかぶっている(役割を演じている)というように表現することがあります。

例えば、子供に対しては父親の仮面、職場では課長の仮面というような感じです。

普通、それらの仮面は、時や場所が変われば、脱ぎ捨てて、何の役割に縛られることのない『素の自分』に戻ることができます。

人によって、『素の自分』に戻れるタイミングは様々です。

例えば、「子供に対しては父親の仮面をかぶる」と書きましたが、子供と一緒にいるときに『素の自分』に戻れる人もいるでしょう。

他にも、いろいろ考えられます。

  • 趣味に没頭しているとき
  • 友だちと会っているとき
  • 自然の中にいるとき
  • お風呂に入っているとき
  • ペットの世話をしているとき
  • 美味しいものを食べているとき
  •     ・・・・・

このようなことを工夫することによって、大抵の仮面は外すことができます。

仮面を外して『素の自分』に戻れる時間や場所を持つことは、心や体の疲れを癒しイキイキした自分を取り戻すことにつながります。

ただ、このような工夫では外せない仮面があります。

それは、どんな仮面だと思いますか?