24.子供には、「謝れば許される」ことを経験させることが大切

読むカウンセリング【No.0024】 2012/02/22

子供の頃の体験は、その人の人生に大きく影響してきます。

今回は、子育てネタをひとつご紹介します。

子供には、「謝れば許される」ことを経験させることが大切

何か失敗をしたりした時に、その出来事に対する感覚は、大きく2つの感覚に分類できます。

  • 自分が起してしまったことを告白して、適切に対処しようとする
  • 自分が起してしまったことを隠ぺいして、発見されないようにする
     (発覚時期を先延ばししようとする)

この違いは、何によって生じるのでしょう?

生まれ持った人の性質でしょうか?

たぶん、違います。

それは、幼少期の経験が大きく関係していていると考えています。

この世に生れてきた子供は、もともと、ものごとに善悪という分類があることは知りません。

そこで、それらを子供に教えるのが、親のしつけの役割の一つとなっています。

しつけの方法には、褒める・冷静に諭す・叱る・おだてるなど色々な方法が考えられますが、今回は、「叱る」という方法に関連したことを取り上げます。

一般的に「叱る = しつけ」と一括りにされてしまいがちですが、「叱る」と呼ばれる行動は、実際は次の2つに分けることができます。

  • 親が怒ったふりをして、悪いということを教えようとしている
  • 親が感情的に怒っているだけなのに、それを『しつけ』として正当化している

このあたりのことに関しての細かい説明は省きますが、どちらにしても、『親が怒っている』と単純に認識し、子供は親に謝ります。