23.「人生ゲーム」と「禅の話」と「子供の心」

読むカウンセリング【No.0023】 2012/02/13

昨年、ブログに書いてちょっと気に入っている文章がありますので、今回はそれを紹介させて頂きます。

「人生ゲーム」と「禅の話」と「子供の心」

子供の頃、「人生ゲーム」で遊んで、ものすごく楽しかった思い出があります。

多分、ほとんどの方が遊んだことがあるのではないでしょうか。

最近、その人生ゲームに、我が家の子供たちがはまっています。

特に、小学校1年の弟の方がはまっていて、毎日といっていいほど、「人生ゲームしよう!」とせがまれます。

ところがはじめると、ゲームの調子の良いときはいいのですが、自分の思うように進まないと

  • 職業決定のマスに止まれずに、フリーターになっちゃった!
  • 買いたい家が買えなかった!
  • せっかく買いたい家を買ったのに、火事で燃えてしまった!
  • 嵐で持ち物が吹き飛ばされた!
  • お宝がゲットできなかった!
  • せっかくゲットしたお宝を、他人にとられちゃった!

  ・・・ 他にも色々なイベントがテンコ盛りです ・・・

何か嫌な出来事のマスに止まるたびに、そんな感じに、大泣きします。

寝転がって手足をバタつかせたり、周りの誰かを叩いたりして、大泣きします。

悲しさや悔しさの心からの表現です。

逆に、良い出来事のときは、本当に心の底から喜びます。

喜びを全身で表します。

下の子供が嫌なマスに止まってしまい、大泣きしているときは、「そうかせっかくお宝ゲットできたのに、とられて悲しいね」といった感じに対応していました。

でも、良くないマスに止まる度に暴れられると、こっちもだんだんウンザリしてきて、「ゲームなんだからそんなに真剣にならなくてもいいんだよ」と言っていました。

その時、ある禅の本に書いてあった文章を思い出し、その意味が理解できたような気がしました。