18.  苦しさの中で人に自然に生じる行動や症状は、心理療法と同じところがある

読むカウンセリング【No.0017】 2009/02/22

苦しさの中で人に自然に生じる行動や症状は、心理療法と同じところがある

1.『ひきこもり』について 

今回のメルマガのテーマを、まず、『ひきこもり』を例に説明します。

『ひきこもり』という言葉を耳にすると、大抵の人は「良くないこと」という印象を持っているだろうと思います。

しかし、「ひきこもり」という状態を客観的に考えてみると、実は、心理療法である森田療法と目指す方向性は似ていると言えるところがあると考えています。

【ご参考:森田療法 – Wikipedia より抜粋】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E7%99%82%E6%B3%95

* 第一期 絶対臥褥(がじょく)期
o 患者を個室に隔離し、食事・排泄時以外の活動を制限して布団で寝ているよ
   うにさせる。
* 第二期 軽作業期
o 臥褥時間を減らし、外界に触れさせ、軽作業をさせたりする。
* 第三期 重作業期
o 睡眠時間以外はほとんど何かの活動をしているという生活にし、肉体的な重
   作業を行う。
* 第四期 社会生活準備期
o 日常生活に戻れるよう、社会生活訓練を行う。

森田療法は、心理療法として精錬されたものであり、それが「ひきこもり」と全く同じと言っている訳ではありません。大雑把な方向性が同じだということです。

例えば、旅の行き先の候補地が、京都・奈良・沖縄・北海道・・・などと沢山ある中で、決めた目的地が「京都に行こう」というように同じだということです。

方向性は同じであるにも関わらず、これらには大きな相違点が、2つあります。

その一つは、

・心理療法は、自他共に「心の回復に有効である」と認めている(期待している)

・「ひきこもり」は、自他共に「心の回復に有効である」と認識するどころか、心
 の問題として認識している

というところです。この違いによって、せっかくひきこもって「外界からの刺激を遮断し心を穏やかな状態に戻そうとする」森田療法の第一期を実現しようとしても、それが出来ないという状態に陥った結果、心を穏やかにする一歩前の段階で、長期に渡り停滞しなければならなくなってしまうと考えることも出来るのです。

そして、もう一つが

  • 心理療法には、心をサポートしてくれる人がいる
  • 「ひきこもり」には、心をサポートしてくれる人がいない

ということです。