17.  『夢』という言葉について

読むカウンセリング【No.0016】 2008/12/21

『夢』という言葉について

今回は、「私の夢は~」とか「将来の夢は~」という文脈で用いられる『夢』という言葉について考えてみたいと思います。

1.『夢』の時制 

●『夢』とは、いつのことを指すのでしょうか?

少し考えてみて下さい。

一般的には『未来』の事象を指すと認識することが多いと思います。

しかし、実際は、そうではないのです。

次の問いを考えることがヒントになると思います。

●『いつ』の『誰』が未来というところに夢を設定したのですか?

ヒントの問いの答えは、

■「将来、そうなりたい」と『今の自分』が望んでいる

ということになります。

つまり、夢とは未来にあるものではなく、今の自分の気持ちの中にあるものなのです。

このことから、『夢』よりも『今の自分の望み』という言葉の方が、その本来の意味していることを正確に表現しているのではないかと考えています。

「パイロットになりたい」「医者になりたい」「役者になりたい」・・・・全ては、今の自分が望んでいることです。

そんな『今の望み』を見つめると、今したいことが新たに生じてきます。

パイロットになりたいと望めば、例えば、航空大学に合格するために勉強をしたくなってくるのです。

今の望み(将来の夢)をかなえるために、今の望み(今したいこと)を今する。

この状態をあえて『夢』という言葉を使って表現すると、

■将来の『夢』のために、今も『夢』の中で生きている

ということができるのだろうと思うのです。