16. 『依存症』に関する1つの考え方

読むカウンセリング【No.0015】 2008/06/05

『依存症』に関する1つの考え方

依存症というと、一般的には、「その状態に陥っている個人の『意思が弱さ』によって、依存症的な行動を止められない」といった感じに理解されていることが多いように思います。

そんな状態について次のように考えてみると、そこから抜け出すヒントをつかめるかも知れません。

1.快と不快について

人の感覚は、大きく快と不快の2つに分類できると考えられていると思います。

そして、依存症的行動は、快の感覚を得ることを目的とした行動を繰り返しているように観察されるので、現実や不快なことなどから逃げているように認識されることが多く、その行為を止められない意志の弱さが問題視され易いところがあります。

ここで、はじめの人間の感覚に対する認識を、次のように改めて下さい。

■人の感覚は、大きく「不快」と「不快でない」の2つに分類できる。

■人は、自分に生じた不快が、解消される方向に変化するときに快を感じる。

2.快を得られた行動

われわれは、普通、快の感覚とそれを得る為の行動が結び付けて認識しています。

これは、「過去の経験によって、快の感覚を得られた行動」が記憶されているに過ぎません。

ですから、未来においては、その行動によって同じような感覚を得られることも期待できますが、実は、それが得られる保証は一切ないのです。