09. 「分かり合う(理解し合う)」ということについて

読むカウンセリング【No.0008】 2006/07/14

「分かり合う(理解し合う)」ということについて

「お互いを分かり合う」といった言葉を、使ったり、耳にしたりすることがあると思います。

しかし、この言葉は、「どのようになったら、お互いを分かり合えたことになるの?」ということを、曖昧にしたまま使われていることが多いように感じています。

その曖昧なところを認識せずに、この言葉を使ってしまうと、人間関係をややこしくしてしまう恐れがあるので、今回は、そのことについて、少し考えてみたいと思います。

1.期待していること

「分かり合うということ」は、その言葉を文字通りに解釈すると、

・相手の言っていることを、自分が理解する
・自分の言っていることを、相手に理解してもらう

という2つが同時に成り立っている状態を指していると考えられます。

従って、逆に、次の何れかの状況がある場合、分かり合えていないことになります。

(1)相手の言っていることが理解できない
(2)自分の言っていることを理解してもらえない

これらは当たり前のように感じるかもしれません。

しかし、日々の生活の中で、「分かり合う」という言葉を意識することが多い人は、(2)に意識が向いていることが多いように思います。

つまり、「分かり合えない」は、「分かってもらえない」ということを指していることが多いのです。