07. 『コンプレックス』という言葉について

読むカウンセリング【No.0006】 2006/04/15


こんにちは、「ピュアハートカウンセリング」カウンセラーの田中順平です。

3月はメルマガが発行できなくて申し訳ありませんでした。今、メルマガやホームページとは別に、まとまった文章を書くことに取り組んでいます。

以前、3月には、それを形にしたいということをメルマガに書いた事もあったのですが、なかなか上手く文章に表現する事ができずに四苦八苦しています。

目処が立ちましたら、改めてメルマガでもご報告したいと考えています。

この文章を読めば、悩みの本質、そして、悩みから抜け出す方法を理解して頂けるような内容になるよう頑張っています。

『コンプレックス』という言葉について

『原因と結果』ということを意識して『コンプレックス』について考えた時、「コンプレックスは原因で、その結果として悩みや心の苦しさが生じる」と理解することが多いように思います。

簡単に言い直すと、「コンプレックスがあるから悩んでしまう」と考えてしまいがちなところがあるということです。

一旦、コンプレックスと意識し始めてしまうと、それを解決しようとすると、逆に、コンプレックスを感じてしまいがちな場面で、それをより強く意識するようになってしまい、時には、それが恐怖の感覚につながってしまうことさえあります。

そして、努力しても解決しないという状態に陥ってしまって、どう対処したら良いのか分からなくなってしまうことも多いかもしれません。

そんな曲者のコンプレックスから解放される為に、少し違った視点からご説明したいと思います。