06. 『暗い』という言葉について

読むカウンセリング【No.0005】 2006/02/11


こんにちは、「ピュアハートカウンセリング」カウンセラーの田中順平です。

メルマガ発行の努力目標を月2回と心に思っていたのですが、なかなか実現できずにいます。

でも、月1回は必ず発行しようと思っていますので、これからもよろしくお願いします。

『暗い』という言葉について


1.『暗い』といった言葉を使うことの弊害

性格を表現する言葉の一つに、『暗い』という言葉があります。

「あの人の暗いところが好印象だ!」という文脈で使われる事は、まず、ありません。

『暗い』という言葉には良くないニュアンスが含まれているということは、多くの人の共通の認識だと思います。

そして、特に、悩みに陥っている時などは、何となく良くないニュアンスを含ませるものの、具体的な事象を意識せずに使ってしまっていることが、とても多いように感じています。

言葉を替えると、「あの人は暗い」とか「私の性格は暗い」などとというように説明すると、その人の本質を理解したと思ってしまいがちですが、実は、本当の所から意識を外すことになるということです。

また、『暗い』などという言葉をあてがってしまうと、解決への道が閉ざされてしまい、行き詰ったと感じてしまうことも多いかもしれません。

そして、行き場を失った心は、本当の気持ちは脇に置いたまま、苦し紛れに「暗い性格がダメだ」と自分自身を責めたり、「あいつは暗いからイヤだ」と他の人を切り捨てたりする状態に陥ってしまい、時には、自己嫌悪を感じてしまうことにもつながるのではないかと考えています。

自己嫌悪を感じるのは、「本当の気持ちを大切にしたい!」という心の叫びなのかもしれません。

今回のメルマガでは、特に、自分自身の性格を『暗い』と表現してしまっている場合について、ご説明したいと思います。