メルマガ編集後記【No.0005】

心理カウンセリング・催眠療法の受付

座禅で、『公案』について考える時、

私が「公案の答えだ!」と考えて、

それを私が通っていたお寺の老師に投げかけると、

次のような言葉をしばしば私に返してくれました。

公案は、月の方向を示す指でしかない。

あなたは、なぜ、指の方ばかりを見るのですか?

月の方を向かなければ、月は見えないのですよ。

 

(公案については、カウンセラーの座禅体験記を見て頂ければ、私が月ではなく指を見てあれこれ言っている雰囲気を何となく感じることが出来ると思うので、ここでは詳しい説明は省きます。)

 

今回のメルマガは、悩みこんでいるときは、逆に、

■月の方ばかり見て、指がどちらを指しているかを見られなくなってしまった状態

というところをテーマにしています。

 

なぜ、月ばかりを見てしまうようになるのでしょうか?

 

◇~~の為に、暗いのがダメだから明るくなろう!

はじめは、指が指すものを手に入る為に立てた仮説くらいの、

割り合い軽めのものだっただろうと思います。

 

でも、自分のネガティブな感情(悲しい、辛 い、苦しい・・・など)にフタをし続けているうちに、

『執着』に似た感覚が芽生え、

そして、そのフタがいつも自分の心にあることで、

芽生えたその感覚を大 きく育ててしまうから、

「自分の指が今どこを指しているのか」に

意識が向かなくなってしまうのかもしれないと思うのです。

 

だから、何よりも先に、まず、

  • 自分が泣きたいことに気付いてあげましょう。そして、
  • 泣きたい時には、自分の為に、ちゃんと泣いてあげましょう
  • 自分が嬉しいことに気付いてあげましょう。そして、
  • 嬉しい時には、自分の為に、ちゃんと喜んであげましょう

 

このブログは、ピュアハート・カウンセリングのカウンセラーが書いています。

 

ピュアハート・カウンセリング

心理カウンセリング ・ 催眠療法 ( ヒプノセラピー )、電話相談 を行う カウンセリングルーム です。

【 北大阪急行 ( 地下鉄 御堂筋線 ) 緑地公園 駅 徒歩5分 】

電話:090-5882-081006-6155-8389) 

 営業時間・料金 | アクセス・地図 | 予約フォーム | お問い合わせフォーム

心理カウンセリング・催眠療法の受付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください