カテゴリー: メルマガ編集後記

メルマガ編集後記【No.0011】

メルマがでは「泣けば心は安心になる」というような書き方をしました。

(バックナンバー:メルマガ「読むカウンセリング」(No.0011) 「あの頃の自分」に戻りたい )

しかし、いきなり「泣け」と言われても、多分、ほとんどの場合泣くことなどできないと思います。

では、実際の場面では、どのように対処すれば良いのでしょうか?

それは、「正しく相談」するということを意識すれば良いのです。

ここで相談と愚痴の違いについて説明しておきます。

(さらに…)

メルマガ編集後記【No.0010】

約半年振りに、メルマガ「読むカウンセリング」を発行しました。

直接のきっかけは、メルマガを発行しているmag2の方から、「半年以上メルマガを発行しないと廃刊する」という警告のメールを受け取ったことです。

長期に渡ってメルマガの発行をサボってしまったのは、前回のメルマガ【No.0009】の内容は、『答えそのもの』と思えてしまっ て、それ以上何を書いて良いのか分からなくなってしまったからなのですが、最近、ニュースで報道されている兄妹の悲しい事件や、カウンセリングで兄弟に悪 い印象を持つ人があまりにも多いことから、今回のメルマガの内容を書いてみようと思い、半年振りにメルマガを発行するに至りました。

(さらに…)

メルマガ編集後記【No.0008】

自分の考えや感情などばかりを強く主張する人と時間や空間をともにする割合が多いとき、

距離感をもって関わろうとしても、

その状況に現実として巻き込まれているわけですから、

やっぱり、心は疲れます。

(さらに…)

メルマガ編集後記【No.0007】

メルマガでは、良いこと・悪いことという対極のところを例にご説明しましたが、

その中間の状態も存在します。

 

その中間の状態の究極が、何も起こらない・平凡といった状態です。

(この文章を書きながら、良いこと・悪いことが両極なのに、

その間の状態にも究極があるのだと、ちょっと不思議さを感じています。)

(さらに…)

メルマガ編集後記【No.0006】

今回のメルマガの内容は、私が悩みの核心だと考えている部分です。

・感情・感覚とは、誰にとっても、心地良いものばかりではありません。
・ネガティブな感情や感覚が生じるのはをいけないことではありません。
・ネガティブな感情や感覚を感じれば、当然、心を疲労してしまいます。
・心が疲れたら、当然、前に進み難くなります。
・だから、疲れた心は、まず、癒さなければならないのです。

そんな事をメルマガでお伝え出来ていればと願っています。

最後に、強い心・弱い心という言葉に関する誤解を解いておきたいと思います。そこにネガティブな感情を『感じる/感じない』という違いがあるわけではありません。
・強い心とは、ネガティブな感情を感じた心を癒してくれる環境がある。
・弱い心とは、ネガティブな感情を感じた心を癒してくれる環境が、まだ、見つかっていない。
その違いだろうと思っています。つまり、心の違いではなく、自分が今限定してしいる環境や人間関係に違いがあると考えています。

・疲れた心は、どのようにしたら癒されると思いますか?
・疲れた心は、どのようにしてもらったら癒されると思いますか?

それを具体的に考え、それを求めようとすることが、幸せを手に入れるための第一歩なのかもしれません。