あの頃の自分に戻りたい

原因の分からない心の苦しみを感じていたり、心理的な要因から生じると思われる身体症状を抱えている時に、『あの頃の自分に戻りたい』と過去の状態に戻ることを願うことがあります。

しかし、そう望んでしまうから、逆に、今の心の苦しみから抜け出すことができなくなってしまうところがありますので、今回はそのあたりのことを説明させて頂こうと思います。

1.「あの頃の自分」を望むこと

「あの頃の自分」を振り返るとき、次のような表現が用いられることがとても多いと感じています。

  • あの頃の自分は、嫌なことにも、立ち向かう事ができた
  • あの頃の自分は、自分のやりたいことに前向きに取り組む事ができた
  • あの頃の自分は、色々な事が楽しむことができた

そして、それらの言葉の後に、「でも、今の自分はそうではない・・・」と締めくくられます。

しかし、そのように認識してしまうと、「何も原因は無いのに、突然、今のような心の状態になってしまった」というように理解につながってしまいます。

そうすると、心の苦しさの原因を自分の心に求めるしかなくなり、自分の心を責めてしまうな状態に陥ってしまいます。

2.視点を変える

そんな苦しい状態から抜け出すには、視点を次のように変える必要があります。

  • あの頃のように過ごしていたら、今のような状態になってしまった

これは、今まで『目標』としてきたことを、『原因』と理解し直すということですから、普通、急には、なかなか受け入れられないところだと思いますが、もう少し、私の文章に付き合って下さい。

3.実際のところ、あの頃の自分って?

戻りたいと思っている「あの頃」は、「嫌な気持ち」に焦点を当てて理解しようとすると、大体の場合、次のいずれかに当てはまることが多いような気がします。

  1. 自分にとって嫌なことが、長い間たまたま起こらなかった
  2. 嫌な気持ちを感じていないことにすることができていた
  3. 嫌な気持ちを我慢することができていた
  4. 嫌な気持ちを、自分にとって良さそうなことに打ち込むことで、帳消しにしたことにできていた

1.の状態が、人生の初めから終わりまでずっと続けば問題ないのですが、そんなことはありえません。

人生の中では、嫌な気持ちになることに、必ず、何度も直面します。

また、ある1日をとってみても、小さな嫌な気持ちは何度も感じていると思います。

そして、その嫌な気持ちは、本人がいくら意識しないようにしてみても、確実に心に負荷を与え、その疲労が心に蓄積されていきます。

ですから、2.~4.のような対処をしていては、やがて、心や体が悲鳴をあげる状態になるのは、自然なことかもしれないと思います。

つまり、「今の自分を責め、あの頃の自分に戻りたい」と願っている場合の『あの頃の自分』は、「自分に生じた嫌な気持ちを無視していた」ということが共通していて、その無理がたたって心や体が悲鳴をあげたと理解できると考えています。

4.目指す方向

たぶん、「あの頃の自分に戻りたい」というのは、楽になりたいという意味で使っているのだろうと思います。

しかし、心が悲鳴をあげた理由を理解せずに、漠然と「あの頃の自分に戻りたい」と考えていると、嫌な気持ちになった時は、無意識にあの頃と同じ対処をしようという決意が入り込んでしまいます。

つまり、自分に嫌な気持ちが生じた時、再び、その気持ちを無視しようとしてしまうということです。

そうすると、苦しみの解決を目指しているはずなのに、結局、なぜか、また、苦しい気持ちに陥ってしまうということを繰り返してしまいます。

ですから、「あの頃の自分」は今の自分が目指すべきところではなく、大切な思い出の一つくらいの位置づけにして、それに囚われないようにすることが大切だと思います。

あの頃の自分に戻らなくても、あの頃よりも、もっと楽な自分になれるのですから!!

その為に、心が悲鳴をあげないように、「嫌な気持ち」にきちんと対処する方法を身につけようとすることが大切です。

5.心を苦しめる暗示

「泣いていても何も変わらない」という言葉は、なぜか、今の社会では、当たり前のことのように受け入れられているような感じがしています。

確かに、目の前にある具体的な問題は、実際に何らかの働きかけをしなければ何も変わりません。

しかし、心の問題は別です。

詳しいことはここでは書きませんが、泣けば、何かが必ず解決します。

つらさが倍増するので、一人きりで泣いてはいけません。

誰かに見守られながら、とことん泣くことができれば、嫌な気持ちは安心な気持ちで置き換わっていくのです。

そんな安心して泣ける環境が整わない時、『まず、心を安心にする』ということができないので、目の前の問題に取り組むしかなくなるのです。

そんな時、仕方なく口からでる言葉が、「泣いていても何も変わらない」だったのではないかと想像しています。

誰かに見守られながら、とことん泣くことができれば、心に映る世界は変わります。

「泣いていても何も変わらない」という洗脳から解放されるだけで、今まで解決できなかった心の苦しみは、その都度解決できるものに変わるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサード リンク

関連コンテンツ