人は、なぜ犯罪を犯すのか?

犯罪的な行動のパターン


犯罪は、大きく次の4つに分けられると考えています。

  1. 偶発型
  2. 追い詰められ型
  3. 執着型
  4. 反応型

偶発型

偶発型は、事故ということもできます。例としては、道を歩いていてつまずいた時に、前を歩いていた人を押し倒して怪我を負わせてしまったような場合です。

意図的な心理は働いていないため、これ以上の説明は不要だと考えます。

追い詰められ型

次に、追い詰められ型です。(一般的には感情が爆発すると認識されていると思います)

追い詰められた結果、感情が爆発して、理性を失ってとった行動が、犯罪に当たる場合です。

一般的には、犯罪を犯した人の感情の問題だと認識されていますが、何かに追い詰められた結果、「窮鼠猫をかむ」的な行動の結果と考えています。

では、何に、追い詰められるのでしょうか?

それは、次の2つが考えられます。

  1. 相手の追い詰めるような行動
  2. 自分の過去の学習

少し、「犯罪」のタイプが違うように見えますが、経済的に困窮して、窃盗や万引きをしてしまうという行動も、原理的には同じだと考えています。