心の苦しさと悩みを解決する記憶ネットワーク再構築療法

不快は快によって相殺できない

人は、時に、嫌なことがあると、良い出来事や経験をすることで、嫌な気持ちを帳消しにしようとすることがあります。

このような気持ちはとても理解できる気持ちです。

しかし、快と不快は、実は、異質なものであるために、相殺することはできません。

この誤解は、快と不快が反対語のように映ることから起こるのでしょう。

実際は、『快』の反対は『楽』、そして、『不快』の反対も『楽』なのです。

ですから、快と不快のどちらの感覚も、限界以上に蓄積される前に、排出しなければ、自分でコントロールできない状況に陥ってしまう恐れがあります。

快の感覚は、それを放出できる『喜ぶ』という方法で。

不快の感覚は、それを放出できる『泣く』という方法で。

Share