Lesson 7 トラウマは心の苦しさの原因ではない

今ではすっかり一般的な言葉として受け入れられている『トラウマ』という言葉ですが、この言葉が作り出す誤解が、心の苦しさの解決を妨げるところもあると考えています。

今回は、この『トラウマ』という言葉について説明することにします。

トラウマの専門的な説明

カウンセリング辞典によれば、トラウマは心的外傷という言葉を用いて、次のように説明されています。

心的外傷個人の精神生活に衝撃を与えるような出来事があり、それがあまりにも強烈であるため適切な対処が出来ず、無意識下に抑圧されて長期にわたる障害をもたらすような体験を言う。

一つだけの出来事で外傷となる場合と、いくつかの出来事が重なったために外傷となる場合とがある。

また、同じような出来事でもそれが外傷になるかどうかは個人の側の条件にもよる。

例えば、葛藤が存在しそのために防衛機能が効果的に働かないなどの理由による。

最後の「例え」は分かりにくいので読み飛ばすと、ポイントは次の3つです。

  1. 心に傷を作ってしまうような出来事がある
  2. 心の傷は長期にわたって障害をもたらすことがある
  3. 同じような経験をしたとしても、心の傷になるかならないかは、人によって異なる

前述2の文中にある障害という言葉は

  • 精神症状を引き起こす
  • 問題行動を引き起こす
  • 心の苦しさを抱える込む

というように書き換えることができます。

つまり、つらい出来事が原因となり心に出来た傷を『トラウマ』と呼び、『トラウマ』は心の苦しさや精神症状の原因となるということが説明されています。