心と学習の関係

【基礎の解説】の 学習の蓄積について で説明した図を、りんごの木に例えてみます。

根っこや根元の部分は、生まれてから幼児期の学習によって形成されています。

りんごの木は、それらを土台にして、さまざまな新しい学習を養分として吸収しながら幹や枝・葉を伸ばしていきます。