解釈に関する参考情報

解釈に関連することを、『あなたにもある心を回復する機能』で説明していますので、そこから引用しておきます。(図はコピーできないので省略しています。)参考になりそうなら、1冊いかがですか?

心の苦しさが引き起こす方向性

不快な気持ちに陥ってから回復するまでの状態は、本来ならば一人きりではとても耐えられるものではありません。

そんな状態を一人で耐えながら過ごさないといけないとなると、誰もが、そんな状態に陥ることを恐れ、それを回避しようとするのは当たり前のことだと思います。

ここで、気分の波の下の部分を、不快な感覚を適切に排出しながら楽にやり過ごすということに意識が向けば良いのですが、不快な感覚を抱えたまま波の下の部分をあってはならない状態として認識してしまうと、次のような傾向性となって現れると考えています。

逆に、波の下の部分を不快な感覚を適切に排出しながら過ごせるようになれば、これから説明するような状態から抜け出すことができます。

① 感情修復の傾向

不快な感覚を抱えたまま感情を修復しようとする代表的なパターンを示します。

各項目には、該当する症状・状態を例として記述していますが、それらがこの説明だけで理解できる訳ではありません。

他の要因が影響していたり、様々な要因が複合していたりします。

(a)  自分の心を原因と考え、気持ちを変えようとする(図13)

気持ちを奮い立たせたり、気持ちを切り替えたりすることで、苦しい気分から脱しようとします。

また、他のことで得た快の感覚によって、不快の感覚を打ち消そうとします。

該当する症状・状態など:うつ

(b)  原因と考えられる事象をなかったことにしようとする(図14)

結果を変えようとしたり、状態を修復しようとしたりすることで、心の苦しさを解決しようとします。

該当する症状・状態など:事象への執着(ストーカー的反応、いやがらせなど)

(c)  原因となった事象が再び起きないようにする(図15)

過去に経験したものと同じ気持ちになりそうな事象を避けることで、再び同様の苦しい気持ちになることから回避しようとします。

該当する症状・状態など:恐怖症

(d)  原因となることを作り出そうとする(図16)

具体的な何かによって気分が沈んでいるわけではないのに、気分が沈む原因にできそうな課題をつくりだし、その課題のために苦しい状態にあると納得したり、その課題を解決することで苦しさから脱しようとしたりします。

該当する症状・状態など:コンプレックス、依存行為、問題行動(万引き、暴力……)、薬物依存・アルコール依存、自傷行為、過食嘔吐、言いがかりをつける

(e)  感じないようにする/意識をそらせる(図17)

何も感じなければ、苦しい気持ちに耐える状態に陥らなくてもすみます。

他の人から「大丈夫?」と聞かれて、「全然大丈夫!」などと答え自分にもそう言い聞かせようとしたり、嫌な出来事や相手の対応を無視して反応しないようにしたりしているときがこれにあたります。

該当する症状・状態など:神経症、ワーカホリック(燃え尽き症候群)、子育て中心の生活(空の巣症候群)、趣味だけに没頭・多趣味で多忙(休む暇間がない)