人の成長とは?

人の成長とは、何を指すのでしょうか?

それは、例えば、

  1. 新しい場面に遭遇する
  2. 状況を分析する
  3. 状況を好転させる可能性のある方法(自分の気持ちも他人の気持ちも大切にできる方法)を考える
  4. 考えたことを実行する
  5. そのために、必要に応じて、他人の力を借りる
  6. 結果を吟味する

という流れの中で、次のようなことが複合的に起きることだと言うことができます。

  1. 状況を冷静に客観的に眺める能力が高まる
  2. 状況を把握する能力が鍛えられる
  3. 考える能力が鍛えられる
  4. 考え出される解決策の精度が高まる
  5. 解決のために必要なコミュニケーションの対象となる人の範囲が広がる
  6. 考えたことを実行する能力が高まる
  7. 他人が置かれている状況や気持ちを理解する能力が高まる
  8. 他人を許容する能力が高まる

これを簡単な言葉に直すと

  • 人は、経験を通して学習し、その結果、それぞれの人にとっての成長が起こる

ということができます。

しかし、同じようなことを経験していっている人でも、他人がその人を見たときに、次の2つのタイプに分かれることがあります。

  • 成長していると感じられる人
  • あまり成長しているようには感じられない人

成長の糧となるはずの同じ経験をしているのに、どうして、このような差が生じるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です