「なぜ、130億光年かなたの星を望遠鏡で見ることが出来るのか?」 ビッグ・バンとインフレーションなどを絡めて考えてみました

宇宙は、「ビッグ・バン」という現象によって始まったと考えられています。

今の広大な宇宙は、無限に小さい点の爆発から始まったという考え方です。

ビッグバン理論(ビッグバン仮説)に基づいたビッグバン・モデルでは、宇宙は時間と空間の区別がつかない一種の「無」の状態から忽然と誕生し、爆発的に膨張してきた、とされる。近年の観測値を根拠にした推定により、ビッグバンは約138億年前に起きたと推定されるようになった。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%90%E3%83%B3

それは、今から138億年前に起こったということになっています。

以前は、137億年前といわれていましたが、欧州宇宙機関の発表によって、138億年前に修正されたようです。

宇宙の年齢はこれまで考えられていたより約1億年長く、138億歳とする最新の研究結果を欧州宇宙機関(ESA)が22日までに発表した。
【中略】
03年には米航空宇宙局(NASA)のWMAP探査機による宇宙背景放射の観測をもとに、宇宙は137億歳とされ定説となっている
宇宙は138億歳、従来説より1億年高齢 欧州機関が解析 :日本経済新聞 2013/3/22 10:08

遠くの星の光は、何年もかかって地球に届きます。

100億光年のかなたからやってくる光を見れば、100億年昔の宇宙の状態を見ることができる。

ということは、138億光年先の光を見ることが出来れば、ビッグバンの状態を見ることが出来るというように考えになります。

でも、目指していることは、宇宙が無限に小さい点から爆発的に広がったという仮説と矛盾します。

なぜなら、現在の科学では、アインシュタインが言っている「何者も光速を超えることができない」という理論が採用されているからです。

宇宙が、光速より遅い速度で広がっていれば、ビッグ・バンの光は、宇宙の最外部に達してしまっています。

光速で広がっているとしても、同じです。

ビッグ・バンの光は、宇宙の最外部に達してしまっています。