変数t(時間)は、あらゆるものを粒子(点)に変えてしまう

シュレディンガーの猫という話があります。

シュレディンガーの猫では、観測するまでは、スイッチがオンとオフの状態が同時に存在していると説明されています。

これは、あくまでも、観測機器による観測結果から想定した状態です。

猫の代わりに、箱の中に、バスを入れてみたところを考えてみて下さい。

シュレディンガーの猫のように説明すると、

機器によるバスの観測結果から想像すると、箱の中には、バスのボンネットが存在したり、テールランプだけが存在したり、ワイパーが存在したり、色々な状態が入り混じっている

ということになります。

そして、箱のふたを開けてみれば、つまり、機器によって観測してみれば、 バスのボンネットが観測されることもあれば、テールランプが観測されることもあれば、ワイパーが観測されることもある

といっているのですが、機器を使わずに、目視で観測すれば、そこには、バスという全体が存在するということです。

何も不思議なことではないのです。