アインシュタインの思考実験の一つは間違っている!?

光は、空間を伝わる電磁波と考えられています。

ですから、放出された時点で、光と乗り物との関わりはなくなり、その速度は、その空間だけに依存するようになると考えられます。

このように考えると、初めの図で説明した、光と移動体、静止系との関係は次のようになります。

乗り物に乗って、床から天井に向けて光を放った時に、

(1)乗り物に乗っている人が光を見れば、光は、後ろに向かって進んでいく(天井が十分に高ければ、光は天井には届かない)。光速は、(2)の速度を観測しなければならない。

(2)乗り物に乗っていない人がその光を見ると、斜めの線が上に向かって光速で進んでいるように見える。

(3)斜めの線は、乗り物の速度が速くなればなるほど長くなる。しかし、その斜めの光の線の長さは、光速とは無関係で、その長さがいくら長くなっても、光速が変化したとは言えない

という解釈になります。

ということで、乗り物に乗った人が光の速さを測定しても、乗り物に乗っていない人が光速を測定しても、光の速度は同じです。

つまり、乗り物が光速に近づいても時間の進み方は変わらないのです。

ですから、光速を目指すことではタイムマシンは作れないということになります。

他の方法を考えなければ・・・。

夢のない話ですみません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です