アインシュタインの思考実験の一つは間違っている!?

まず、「どんな状況においても光の速さは変わらない」、また、「光速を超えることはできない」ということを前提があります。

その前提のもと、光速に近い速度で移動する乗り物に乗って、床から天井に向けて光を放った時の状況を、次のように解釈していると思います。

(1)乗り物に乗っている人が光を見れば、光は、光速で天井に向かって進んでいく。

(2)乗り物に乗っていない人がその光を見ても、光速で進んでいるように見える。

(3)このとき、光が進んだ距離は、乗り物に乗っていない人から見た方が長い。

(4)「どんな状況においても光の速さは変わらない」という前提を置いたとき、(1)と(2)の光の移動距離に食い違うことを説明できない。

(5)その解決を時間に求めると、「乗り物の速度が、光速に近づけば近づくほど、時間の進み方が遅くなる」、最終的には、「光速に達したとき、時間が止まる」とつじつまが合う

しかし、その解釈には誤りがあると思うようになりました。