銀河や宇宙の始まりに関する妄想

宇宙に関する妄想

現代の科学では、ビッグ・バンが前提となっています。

ビッグ・バンがあったから、宇宙は膨張しているという考えです。

しかし、ビッグ・バンの過程に、「インフレーション」という概念を取り入れた時点で、宇宙が膨張しているように観測される原因は、他に求めるべきなのではないかと感じています。

宇宙がビッグ・バンによって始まったと考えたから、「宇宙は無限に小さい点から始まった」という仮説が成り立ちました。

ところが、「はじまり」と「ビッグ・バン」の間に「インフレーション」という現象が割り込んできました。

この時点で、「はじまりは無限に小さい」という仮説は崩壊しているはずです。

このあたりの考えと、「銀河に関する妄想」が結びついて、もう一つの妄想が生じました。