銀河や宇宙の始まりに関する妄想

銀河に関する妄想

現代においては、

  • まずインフレーションという現象が起こり、次にビッグ・バンが起こって宇宙が始まった

と言われています。

これを、渦巻きの考えを組み込んで修正したものが、私の妄想です。

  • 回転の力を伴ったインフレーションが起きた

つまり、「宇宙全体が回転している」と考えるのです。

宇宙が回転していれば、宇宙全体コリオリの力が働くので、あとは、渦巻きの働きに任せておけば、現在のような宇宙になっていくような気がします。

ほとんどの銀河が渦巻き状であることも、宇宙全体にコリオリの力が働いていると考えれば説明がつきます。

この原理を渦巻き銀河に適用すると、「中心に巨大な質量があったから、渦巻きが生じた」という解釈よりも、「渦巻きが生じた結果、中心に巨大な質量が集まってきた」という解釈の方が妥当になります。

確認していないので定かではありませんが、回転の中心からの距離が小さくなれば、そこに働くコリオリの力は小さくなりそうに思います。

そこから、「楕円銀河宇宙の中心に多く分布している」という可能性が考えられます。