物質の結合状態

物質の状態には、次の3つがあるといわれています。(物質の3態

  • 固体
  • 液体
  • 気体

 

一般的には、この3態とは、物質の状態であると理解します。

しかし、例えば単分子1つを隔離して、温度100度しても、0度にしても、それは水分子のままで、液体になったり、気体になったり、固体になったりはしません。

つまり、物質3態とは、同種分子間の結合の状態(酸素なら酸素、水なら水相互の結合)で、少なくとも2分子以上なければ議論できないということです。

このことは、電磁波と音波のところで説明しました。

その補足をします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です