カテゴリー: 科学的妄想

オカルトについて

前回の投稿に次のようなコメントを頂きました。

ゴルゴ56 2012年1月18日 11:52 AM
毎回、楽しみにしております。
貴下の科学的考察に私の頭は付いていけないことも度々なのですが、非常に興味深く読んでおります。
ひとつお願いがございます。
オカルト現象について考察して下さいませんか。
動画では、たくさんのオカルト的映像がありますが、その全てが嘘であるとは思えないのです。
否、私自身は、その不思議映像(霊というようなものが写り込む)のいくつかは真実であると思っています。
もっと言いますと、この宇宙の成り立ちと隣り合わせのような気もしております。
貴下の視点から、科学的に考察するとこのようなオカルト的現象はどのようなことになるのでしょう。
否定的立場からでも結構です。
どうか、よろしくお願いいたします。

今回は、このコメントの件について考えてみます。

お題を頂いて、体系立った考えとしてまとめてみたいと思っていました。

このあたりのことは、「人生の終わりまでには、何らかの答えにたどり着けたらいいな・・・」と思っていたからです。

ただ、そう願ってはいるものの、それが不可能なことも、薄々は分かっています。

そんなテーマなので、現時点で体系立った考えに整理しようとすれば、逆に、どんどん頭が混乱してしまいました。

そこで、今回は、頭の中にある切れ端を、体系立てようとせずに、思いつくままに書きだして、お返事とさせて頂きたいと思います。

(さらに…)

「科学」という言葉に対して思うこと

昨年、NHKのテレビ番組「ワンダー×ワンダー」でマヤ文明の特集をしていました。

それを見ながら、いろいろと思うことがあったので、それらを書き出してみようと思います。

 

現代人の大いなる錯覚

現代人は、大きくは、次の2つの錯覚に陥っています。

「ワンダー×ワンダー」を見ながら、改めてそれを感じました。

 

いつの時代も陥っているであろう人類の思い込み

  • 現代は過去より進歩しており、未来は現在よりも進歩している
  • 自分たち人類は、地球上で最も進化した生き物だ

 

これが思い込みだと言われても、ピンくる人は少ないのではないかと思います。

  • 「過去は現代よりも遅れているし、未来は現代よりも進んでいる」なんて、疑問など一切入り込む余地もなく正しいことだ
  • 「人類は生物の中でもっとも進化している」なんて誰が考えても明らかなことだ

と、誰もが無条件に受け入れていてしまっていることです。

このようなことに疑問をもって考えたことすらないと思います。

(さらに…)

タイムトラベルができるとしても、「光速を超える」というよりは、こんなイメージの方が正しそうな気がします

最近、しばしば話題になる「光速を超える」 = 「タイムトラベルが可能になる」

という等式に対する違和感は、過去の投稿で何回か説明しました。

 

そんな違和感を吹き飛ばしてくれるようなとても面白い動画と出合いました。

半信半疑ですが、とても面白い。

 

木内鶴彦さんという結構有名なアマチュア天文家が体験した臨死体験に関する動画です。

動画の中では、臨死状態においての

  • その時点での空間移動
  • 過去や未来への時間移動

について説明されています。

その動画で描かれている内容は、現代において科学的とされている説明では、到底及ばないほどの説得力があると、私には感じられました。

タイムトラベルができるとしても、「光速を超える」というよりは、こんなイメージの方が正しそうな気がします。

 

 

動画の中で、木内鶴彦さんは「こんな風に時間や空間を移動できるのなら、確かめたい歴史がある」と、それを確かめに行ったと説明されていました。

「それは、どのような歴史なのだろう?戦国時代や平安時代でも見に行ったのかな?確かめた結果は、どうだったのだろう?」と想像もしましたが、その答えは分からずじまいでした。(モヤモヤ)

ところが、今回の投稿を書くために、WikiPediaで木内鶴彦さんを調べてみると、そのことが少し書かれていました。それは、一般人が想像するようなものとは違って、宇宙が好きな木内鶴彦さんらしい「歴史」だったようです。(ちょっと、スッキリ!)

(さらに…)

「ニュートリノはやはり光より早いのか-OPERA研究グループが再実験結果を公開」を読んで思うこと

最初に、「ニュートリノは光より速い」というニュースを読んだ時に、関連した投稿を書きました。

今回のニュースは、「ニュートリノは光より速い」ことが再実験で確認された」ということのようです。

でも、やっぱり、これには違和感を感じます。

http://journal.mycom.co.jp/news/2011/11/19/001/index.html

 

まず、比較の対象がおかしいということ。

初回・今回の発表の記事によると、実験では、光速の理論値 と ニュートリノの実測値 を比較しているように理解できます。

 

しかし、この比較は奇妙です。

 

正しい比較は、

  • ニュートリノの速度の理論値 と ニュートリノの速度の実測値
  • の速度の理論値 と の速度の実測値

です。

 

これらの比較が出揃って初めて、実測値 と ニュートリノ実測値 が比較できることになります。

 

こう考えてこの実験を眺めてみると、実は、

  • ニュートリノの速度の理論値 と ニュートリノの速度の実測値 の比較でしかない

といえるのです。

 

そのあたりのことをもう少し詳しく説明します。

(さらに…)

「2011年ノーベル物理学賞!宇宙は加速膨張している!」を読んで

2011年のノーベル賞のことを紹介する次の記事を読んで、久々に、私の妄想心が刺激されましたので、少し書いてみたいと思います。

 

ブログは、次のように書き始められています。

今年のノーベル物理学賞が発表されました。分野の順番から考えて今年は宇宙物理学だと踏んでいたところ、どんぴしゃ!

受賞者は、サウル・パールミュッター博士、ブライアン・シュミット博士そしてアダム・リース博士です。その功績も

宇宙の膨張が加速している!

ことを観測で示したこと。宇宙は膨張しているんですね。そしてその膨張はただの膨張ではありません。膨張の速さがどんどん速くなっていっているわけです!

これはとても不思議なことです。

宇宙はとても熱く密度の高い火の玉でスタートしました。「ビッグバン」とよばれています。そこから宇宙は急激に膨張し、現在のような広がりのある宇宙になったのです。

が、宇宙の中にはたくさんの物質があります。重さのある物質は重力で引き合いますので、いずれ膨張は減速され、止まって、そして収縮に転じる、と考えるのが自然です。

しかしどういうわけか、宇宙の膨張は減速するどころか、加速しているわけなのです。

【詳報】2011年ノーベル物理学賞!宇宙は加速膨張している!  | BLOG 未来館のひと より
「日本科学未来館(Miraikan)提供」

この続きに、その詳細について分かりやすく説明されていますので、興味のある方にはオススメです。

 

そして、この記事の最後は、次のように締めくくられています。

この結果をみると、未来永劫、宇宙の膨張はどんどん速くなっていくことになります。星々の距離は離れていきます。

宇宙に寿命はなくなります。数百億年後、私たちの銀河は真っ黒な宇宙空間にぽつりと取り残されてしまっているかもしれませんね。

「日本科学未来館(Miraikan)提供」

 

深く読み込んで深く考えたわけではないのですが、私は思いました。

(さらに…)