08. 付録

日常生活の事象のいくつかをピックアップして本文の補足として説明しておきます。

09-01. 社会について思うこと(メモ)

地域社会

地域社会とは、お互いに相手の存在を認知し合っているエリア、

お隣さん的な雰囲気(醤油を借りたり、子供を預かったり、雨の時に留守にしているお隣さんの洗濯物を取り込んであげたり…。) を保つことが出来る程度の大きさ(町内的なエリアか、それよりも小さいエリア)です。

地域の大きさは定義されるものではなく、人間関係の広がりによって変化するもの(人間関係の親密度に応じて、小さくなったり大きくなったりする) そこで暮らす人々が用事もなく戸外に居る確率が高い、地域の住民参加型イベントが盛んなど、住民が触れ合いやすい状況が必要です。

触れ合う機会さえあれば、あとは個人個人の本能によって自然に群れが形成されていくのだと思います。

学校社会

クラス、クラブという擬似的な群れを、本物の群れにしようと取り組むことが大切です。

小学校低学年においては、群れを守る役割を先生が果たす必要があると思われますが、成長につれて、同級生や先輩の中から、守る役割を果たす人が出てくるようになります。

しかし、昨今では、受験に重点を置くことが多くなり、上を目指して競い合うという非常に助け合いの少ない世界になっており、助け合う群れになり難いところがあります。

会社社会

終身雇用が主流だった頃は、会社への就職は、将来にわたって身の安全を保障してくれることを意味し、群れに属するに近い意味がありました。

しかし、能力主義の広まりとともに、個人競争の感覚が生じ、守れらている感覚が次第になくなってしまいました。

競わせたとしても、チーム単位とするなど、個人が感じる守られているという感覚を損なわないようにする工夫が大切だと考えています。