04. 人間が安心になるための群れを形成の流れ

次に、人が群れを作る動物として、どのように成長していくのかを順を追って説明します。

ここでは、母親と赤ちゃんの関係として説明します。

『自己防衛機能』を他者に委ねるようになる流れにおいて、母親は、その種(タネ)になりやすいところはあります。

子供を体内で育て、出産し、母乳を与える役割を果たす母親という存在(環境)に赤ちゃんは慣れ親しんでいるからです。

しかし、赤ちゃんを『自己防衛機能』を他者に委ねる流れにのせることに限れば、母親こそが特別な存在であるという訳ではありません。

ですから、文中の『母親』という言葉は、日常生活において密接な関わりをもって面倒をみてくれる人(母親や父親、または、大人など)という意味としてご理解下さい。

05-01. 『自立』に関するイメージの修正

この世に生を受けた赤ちゃんは、しばらく母子一体となった状態で過ごします。

そして、歩行能力の発達に伴って、やがて、子供と母親の分離が起こり始めます。

この母子分離~自立の様子は、一般的には次のように説明されます。

  • 母親を安全地帯として、安全地帯の外へと行ったり来たりすることを繰り返し、母親から離れられる距離と時間を徐々に長くしていく
  • そんな中で、子供は母親への心理的な依存から徐々に独立していき、一人の個人として自立する(自分で何でもできるようになり、社会の中で一人でも生きていけるようになる)

群れることを前提にすると、自立は次のようなイメージになります。

【群れることを前提にした自立とは】
容易に群れに所属したり新しく群れを形成したりできる能力を身につけ、群れに守られたり群れを守ったりしながら、群れの中で自由に生きていけるようになること