03. 人間が群れを形成するための本能的な行動

人は、自分たちが人という特別な存在ではなく、サルの一種であり、安全を確保して安心するために群れる習性があることを知らなければなりません。

04-01. 人間にとって重要な本能的行動

人間が群れるための基本的な行動は次の2つです。

  • 泣くこと (または、『泣く』ことと同じ意味を持つ行動(苦しい気持ちを言葉にして誰かに話す、誰かに助けを求める…など))
  • 泣いている人を見たときの行動 (抱き上げる、攻撃を止める、背中をさする…など)

泣くという行動には、私たちの誰もが持つ『心を回復する機能』を活用して、心を安心で穏やかな状態に戻す働きがあります。

これは、他のところで何度も説明してきました。 この他に

泣いている様子を見た人に「許す」に近い意味を持つ行動を引き起こす

という重要な意味があったのです。

この「泣く-許す」という行動の呼応が、人間が群れを作るための仕掛けです。

何らかの事情によって、この『泣く』という本能的な行動や、それに呼応する行動が引き起こされなくなることが、人の心の苦しみの始まりであり、社会の病理の始まりなのです。

04-02. 人間の行動

なぜ、本能的な行動が妨げられるようになるかを理解するために、人間の行動を次の4つに分けて説明します。

  1. 本能的な行動
  2. 自然な行動
  3. 学習された行動(条件反射的な行動)
  4. コントロールされた行動

1.本能的な行動

空腹になれば何か食べようとしたり、寒くなれば暖かくなるようにしようとしたりと、自分という生命を維持するための行動です。

詳細の説明は省略します。

2.自然な行動

その時々に生じるささやかな気持ちに沿って対処する自然な行動です。

例えば、お腹が空いたからサンドイッチを食べようとしたり、ご飯を食べたら食器を洗ったり、良い天気だと散歩に出かけたり、話したいと思ったら話したり・・・。

これらの行動は、本来は、それをしようとしても 他者から何の制限も受けることはないはずの行動です。

このような行動が、他者や環境的要因によって制限され続けると、次の学習された行動やコントロールされた行動が優先されるようになります。