02. 人の心に関する新しい解釈

次に『自己防衛機能』を他者に委ねるとはどういうことかを、順を追って説明します。

03-01. 群れない動物の行動

群れない動物は、「自分の安全は自分が守る」という基本スタンスを持っています。

群れない動物が別の個体と出くわすと、自分を自分自身で守ろうとする縄張り争いのような行動を起こしてしまい、群れを作ることにはなりません。

ですから、天敵と隣り合って生きている動物は、いつも自分ひとりで周囲を警戒しながら過ごさなければなりません。

ところが、群れを形成すると、そのような状況は一変します。

群れの大きな役割は、群れに属する個体の安全を確保することにあります。

群れ全体に周囲を監視する役割が分散されるので、一個体が警戒に費やす負荷がかなり軽減します。

群れを形成することによって、一個体の『天敵を監視する負担』が大きく軽減されます。

そして、警戒心の軽減は心身の緊張が緩和することにつながり、安心感を自分の内側から生じさせます。

草食系の動物は群れという形に守られることが中心ですが、肉食系・雑食系の動物は、群れという形に加えて、群れのボス、或いは、群れに属する個体の意思によっても守られます。

この群れに守られている状態は、次のように解釈することができます。

『自己防衛機能』を群れに委ね、群れがそれを受け入れることによって成立する

サルと同じように群れを作る習性を持っている人間が生きていくには、そのような安心感が必要なのです。

そして、その安心感を得るために、群れを作ろうとする習性を持つのが人間なのです。