躁(そう)状態・鬱(うつ)状態・躁鬱(そううつ)状態に関する仮説

心理的な苦痛と回復の経路の種類

心の苦しさがたどる2つの経路

心理的な苦痛の種類

心理的な苦痛は、一般的には「出来事によって直接的に生じた苦痛」を指していることが多いようなのですが、大きく次の2つに分けることができると考えています。

そして、の苦痛こそが、人の心を苦しみの深淵へと追いやるものの正体なのです。

1.出来事によって生じる心理的は苦痛

2.「出来事によって生じた心理的な苦痛」を抱えているときの心理的な苦痛

心理的な苦痛の回復の経路の種類

また、心理的な苦痛を感じたとき、たどる経路は、大きく次の2つに分類されると考えています。

a.適切に回復する

b.苦しさを抱え込む(苦しさに慣れる)

時が解決するというように表現されることがあるが、その中で適切に「回復する為の行動」をしなければ、回復することは無いと考えています。

「回復する為の行動」は、

  • 苦しいことを他の人に話す
  • 他の人に見守られながら泣く

という方法以上の効果的な方法はないと考えています。

人には、これらの行動によって、『心を回復する機能』が備わっているようです。

これは、自分の心の苦しさの回復の体験や、カウンセリングや催眠療法などの実践、自分の子育てにおける実践によって得られた経験則としての結論です。

ただ、動物には、「順応するという能力」があるので、次第に苦しさに慣れて、苦痛の中においても、苦痛を感じなくなります。

これを、回復した、立ち直ったと認識することも多いのです。

しかし、「回復する為の行動」を行なっていない場合は、回復している訳ではなく、順応しているだけと考えています。