価値観の形成(心を守る機能)

人が価値観(世界観)を身につけていく流れを、第一次反抗期、第二次反抗期、第三次反抗期の意味も踏まえながら説明します。

価値観の形成を考えるとき、「地球と太陽」の関係をイメージしながら考えると理解しやすいと思っています。

そこで、まず、太陽と地球の関係を説明します。

太陽がない場合

地球と大気
  • このように太陽が無い場合は、地球の周りには大気だけがあるような感じになると思います。
  • 太陽と同じ恒星は、遠くにあるので、地球には特に恩恵を与えない代わりに悪影響も及ぼしません。
  • 星屑や小さな隕石のようなものが地球に飛来しても、大気が摩擦熱によって、それらが地表に到達する前に燃え尽きさせる為に、地表がダメージを受けることは、滅多にありません。

太陽がある場合

太陽と地球と大気と電離層

そこに太陽を置くと・・・

  • 地球は太陽から吹き付ける太陽風を受けると、電離層を発生させます。
  • 結果的に、この電離層は、太陽からの放射線から、地表の生命たちを守る働きをします。
  • 太陽があることによって、地上の生命は、様々な恩恵を受けることが出来ます。

このようなイメージをもとに、次からは、人の心のことを考えていきます。

映画の紹介

私が、「人がこだわっている価値観なんて、この程度のものだったんだなぁ~」と目からウロコが外れ落ちたような感じがした映画を紹介しておきます。

心の旅 [DVD]

価値観変化の流れ

太陽と地球の例から一旦離れて、『昔と今で、個人の価値観の形成にどのような違いがあるのか』大きな流れについて説明します。

子供の成長時期別の状態については、その後で説明しますので、今しばらく、お付き合い下さい。

人が、社会の中で、自分の人生を過ごす為に必要な「価値観を身につける」流れを、大雑把に表現すると次のようになります。

  1. 子供は、まず、親の価値観を鵜呑みにして、幼少期を過ごす
  2. 次に、知能や身体的能力の身につけると、自分用の価値観を再構築する

これらのことを踏まえて、以降の解説をご覧下さい。

それらの説明の後に、個人の価値観の変化の流れを、『太陽と地球の関係』をイメージしながら、『01.新生児期~幼児期』~『06.自立期』の6つに区切り順に説明し、最後に特殊なパターンを2つ説明します。

人が価値観を持つ意味も合わせてご理解頂けると思っています。